子育てプログラマーの日常

フリーランスのプログラマーの日常をだらだらとつづってます。
家族構成 妻:アロマセラピスト 息子:2007年8月生まれ

自分の給料の額の決め方

昨日、仕事の納期でメインの仕事が片付いたので、
請求書の作成、年末調整などをやっとります。


年末調整しようとして、気がついたんですけどね。
今年度(今年の7月から来年の6月)の私の
給料の額、決めるの忘れてました

当然のごとく、自分の給料、未払いだったりします。


と、いうわけで今回は、中小企業のおっさんがどうやって自分の給料を決めるかってな話
(ちょっと繊細な話のため、2,3日後に削除予定)


私の場合、まず考えるのは、会社が赤字になるように!!!
これは、
「会社が利益を出した場合に払う税金が、個人が給料をもらう場合の税金より高い」
ためです。

私のような小さな会社の場合、会社の利益は、ある程度自由に調整できます。
自分に払う役員報酬を高くすれば、会社は簡単に赤字になるので

ある程度、全うな商売をしてて、銀行屋さんから
借り入れが必要になると話は変わってくるらしいです。
赤字続きの会社だと、金を貸してくれないので
(借りたこと無いのでちゃんと知らんけど)

私の場合、会社を運営して行くのに必要な金がそれほど多くないので、
銀行屋さんとお付き合いする気は無く、赤字続きでも知ったこっちゃないです。

なので、何年かを累計すると、常に赤字が残ってるという状態を作ります。
(前の会社の場合の記事)

設立当初はちょっと給料を高めにして、赤字を出して、
2年目以降はプラスマイナス0になるようにってな感じですね。

これで売り上げの予想ができれば、大雑把な給料の金額が決まってきます。

ちなみに、金に細い私に、前回から、考慮する事が増えました。
考慮しないといけないのが「子供の保育料金」

所得税などは累進課税で課税されるので、
もらった給料にあわせて、税金が高くなりますが、
下の図のように、「給料が上がったけど、手取りは下がった」
なんてことはありません。
(社会保険料によって、生じることはありますが)
額面と手取り

次に、うちの市の保育料ですが、手取りの何%という風に決まっているのではなく、
所得税が○円〜○円の範囲の人は○円と何段階かで金額が決まります。
ですので、保育料を、給料から天引きすると考えると
手取りは下のように、ギザギザの線になります。
手取り(保育料、考慮)
なので、たとえば、売り上げから大雑把に決めた給料が赤線のラインなら、
手取りが多くなる、赤丸のどちらかにずらして、細い給料額を決定します。

ちなみに、応用手段として、
「そろそろ、2年後あたりから子供を保育園に入れようかな〜」
なんて考えている場合は、今年の給料を高くしておいて、
来年の給料額を減らすってのも考えられますね。
(所得税の累進課税で、上の税額に行っちゃうと意味がないですが)

「自営業の人はずるい」なんて思う人も居そうですが、
これは法律的にはまったく問題無い、真っ白な範囲

実は保育料をほぼゼロにする、モラルもゼロの
真っ黒な方法もあるんだけどねw
(さすがにそれは使う気はない)

Comments

Comment Form