子育てプログラマーの日常

とあるプログラマーの日常をだらだらとつづってます。
息子:2007年8月生まれ 娘:2011年12月生まれ

年金支給開始年齢変更

厚生年金:支給開始68〜70歳検討…厚労省案

年金に関してブログで何回か文句書いてたので、
これにもちょっとだけコメント。

年金の支給開始年齢が私の場合だと、
65歳から、さらに引き上げられるとの事だが、
支給開始年齢を"引き上げる事自体"は、
「まともな判断かな〜」と思ってます。

日本人の平均寿命を見ると1960年から10歳以上、上がってるし、
「元気で働ける期間が長くなった」と考えると、おかしな判断では無いかなと。

平均寿命が80歳で、20歳未満と60歳以上が働いてないとすると、
各年齢の人口が同じだった場合でも、
働いている年齢と、働いていない年齢が1対1になる。

退職直後ぐらいの呑気な親父を見てると、
支える側の人間の割合を増やそうとするのは、まともな考えに思えます。


じゃあ今回の支給開始年齢の引き上げに文句が無いかと言うと、
それは話が違う。

平均寿命の上昇から考えると、
すでに、支給開始年齢が70歳くらいになってないとまずいです。
(今の年金制度ができたのが、1960年前後ですし、
それから平均寿命が10歳以上、上がってるので)

ちなみにそういう意味で考えると、私たちの世代は、
"正常な年金の仕組み"があったとしても、
70歳くらいまでは働かないといけないです。


年金の問題は「今、こうなってしまった」という問題ではなく、
「とっくの昔からこうなることはわかっていた」問題です。

支給開始年齢の引き上げをだらだらやってるのって、
高齢者は知らんふりして、若年層にだけ負担を求めてるのと同じです。

今のように、だらだら延命を繰り返していると、
私達が年金をもらえるようになるのって、75〜80歳位ですかね?



年金システムを正常化させたいなら、
今すぐ、年金の開始年齢70歳まで引き上げたらいいのに。

で、すでに70歳以上の年金をもらってる人間は、
年金払い過ぎちゃったので、支給額5割減。

年金が"相互扶助"の精神に基づいて、
みんなで痛みを分かち合うなら、
これが正しい対応だと思うのですが?



っていうか、さっさとこの仕組、なくして欲しい。
ベーシックインカムでもなんでもいいけど、
とにかく、一度「リセットスイッチ」を押さないことには、
徐々に状態が悪くなるだけでしょうね...


若年層で、年金を払う人間が居なくなって、
さっさと破綻してしまうことを期待してます。
(自分が高齢になってから破綻されるよりダメージが少ない)


ついでですが、ちきりんさん、やっぱすごいな〜
(この出来事を予測されてました)

Comments

Comment Form