子育てプログラマーの日常

とあるプログラマーの日常をだらだらとつづってます。
家族構成 妻:アロマセラピスト 息子:2007年8月生まれ 娘:2011年12月生まれ

燻製作り

実家で姉と話していた時に、燻製作りの話になった。
私が石窯を作りたいという話をしていたので、できたら燻製作りをしたいとのこと。

石窯なんてなくても、燻製程度ならつくれるんじゃね?
と、近くのホームセンターに行ってみたら2,000円くらいで簡易スモーカーが売ってた。


どういう作りになってるのか見てたんだけど、
どうみてもただのアルミの箱なんだよな〜


これ別に一斗缶で良いんじゃね???


という訳で、サクラのチップだけ買って、
家に帰って焚き火用にしてた一斗缶をスモーカーに作りなおす。

とりあえず、そのへんに転がってた網で台を作り
台

一斗缶をかぶせる(雨ざらしでサビサビ)
一斗缶
(一斗缶は、内部に食材を吊るせるように針金を通しましたが、今回は使わず)

業務スーパーで適当なチーズを買って
元チーズ

ブロック状のサクラのチップに火をつけて、
チップに火をつける
あとはスモーカーに食材と、チップを掘り込むだけ。



と、思っていたのですが、ここからが意外と難しかった。

燻製中
一斗缶の上から温度計を突っ込んで内部の温度を測っていたのですが、
思ったより温度が上がらない。
(外気温13度くらいで、内部が40度程度)

で、温度が下がってくるな〜と思ったら、チップの火が消えてました。
何度かバーナーで再点火するも、温度は上がらず…

結局、温度を上げるためと、火が消えないようにするため、
炭に着火し、チップのブロックの横に置くことで、
60度くらいの温度を維持出来ました。

(後でぐぐると、断面全体が赤くなるまで加熱しないとまずかったみたいです)

完成
1時間半位で、出かける用事ができたので、
少し早いかなと思いつつ、取り出してみると、
まあ、一応それっぽいものができてました。

美味しくいただきました
酒飲みながらブログ書いてます。



ホントは、ベーコン、ビーフジャーキー、スモークサーモン
などが作りたかったのですが、下準備の時間がなかったので、
今日は断念してチーズで作りました。

今度はジャーキーを作ってみる予定。

Comments

ハラダ
切れてるタイプのチーズ買ってきたらすぐ仕上がりまっせー。
2012/04/02 20:29
tadahiro
>ハラダさん
おっ!ハラダさんも作ったことあるんですか?
6Pのチーズの方がスモークが強く仕上がってたので、
早めに出しが方がよさそうだな〜なんて思ってました。

切れてるタイプだと、あまり多く並べれないので、
その点が難しそうだな〜という感じです
2012/04/03 04:35
ハラダ
キャンプに行くと定番の料理っすわ。

スモーカーという名のだだの円形タイプの一斗缶をキャンプ用品店で買った人(笑)

そうやね、確かに切って並べると少しずつしか作れない。

そのかわり溶けて垂れてしまうくらい、10分ほどで片面が茶色になって香りがしみこむから、何度も作ってると一本分ができあがるまで結局同じなのかな。
2012/04/03 07:53
tadahiro
>ハラダさん
キャンプで食べながらだと、そっちの方がよさそうですね〜
ちなみにサビサビの一斗缶なんで、キャンプに持って行く気はしないですw
2012/04/03 09:46

Comment Form