子育てプログラマーの日常

とあるプログラマーの日常をだらだらとつづってます。
息子:2007年8月生まれ 娘:2011年12月生まれ

ポジティブ思考とネガティブ思考

息子からの手紙
深夜に出張から帰ると、テーブルに息子からの手紙があった。

「おとおさん かえってきたら じょすいの よこで ねてくださいね」


ネット上でSNS関連の書き込みを見ていると、
不自然な程「ポジティブ」な書き込みをよく見る。
「ポジティブ」であることが推奨され「ネガティブ」であることが否定される。

誰かがポジティブな書き込みをしているのを批判するつもりは無いのだが、
正直なところ「なんか気持ち悪い」と思ったり、
「ああ、この人色々うまく行って無くて、疲れてるのかな〜」
なんて事を想像したりする。


息子からの手紙を、ポジティブに考えれば
  「おお、俺ってかなり息子に好かれてるな〜」
と取れるし、ネガティブに考えれば
  「最近、かまってやれてなくて、愛情不足かな〜」
とも受け取れる。

どっちが正しいってわけじゃなく、多分どっちの要素もあると思ってて、
その後どう対応するかは、ある出来事を含む様々な情報から総合的にしか判断できない。


ネガティブな感情に押しつぶされてる人を見ると、
「もうちょっと、◯◯という風に考えてみたら」というポジティブな考え方を伝えたくなるが、
あんまりポジティブな人をみると
「それって、逆にやばくね?」とネガティブな考え方を伝えたくなる。
(ちなみに一応、相手は選んでるつもり)


というわけで、ややネガティブよりのtadahiroです。

Comments

Comment Form