子育てプログラマーの日常

とあるプログラマーの日常をだらだらとつづってます。
息子:2007年8月生まれ 娘:2011年12月生まれ

しつけ

スパルタ教育
やっと、嵐が去りました。
おかげで後始末(たまった仕事)に大忙しです。

まあ"嵐"なんて比喩を使いましたが、子供と居ると色々勉強になることも多いです。
特に子供の質問「何で〜は〜なの?」というのは色々考えさせられます。

↓↓↓今回、心に残った質問↓↓↓
「何で、お祖母ちゃんってやさしいの?」

皆さんならどう答えますか?
私が答えたのは

「無責任だから!」

今回、こんな事がありました。

2歳の姪(ちんまい方)がわらび餅を食べている → 途中で食べなくなる。 → キナコで遊ぶ → キナコをばらまく → タダヒロが怒る → 姪が泣く → 姉に泣きつく → 姉、「ごめんなさいは?」と言う → 姪、言わない → 姪が謝らないので相手にしない → ヨシヨシをしてくれないので、してくれる相手を探す → 祖母(姪から見ると曾祖母)に泣きつく → 祖母、ここぞとばかりに、かわいがる。

明らかにしつけをしている際は協力するものでは?と思ってしまいます。 まあ、会う機会も少ないので、なんとか自分になついてほしい、祖母の態度もわからんでは無いんですが...

私と怖くないほうの姉、姪から見れば、叔父と叔母に当たるのですが、かなりキチンと姪に怒ります。
怖くないほうの姉は、昔、保母だったので、その時の感覚が残っているのでしょう。
ちなみに、私は昔の姉にいじめられた仕返しを姪にしている単にいい人だからです。

そういえば、昔、ケンカに負けて泣きながら家に帰ったら、「やられたら、やり返して来い!」と姉に言われた覚えがあります。
お姉様、あなたには本当に大切なことを教えていただきました。

思う存分、仕返しさせていただきます!

とりあえず、でかい方の姪に、"因果応報"という言葉を実例を含めて教えてあげました。

Comments

Comment Form