子育てプログラマーの日常

とあるプログラマーの日常をだらだらとつづってます。
息子:2007年8月生まれ 娘:2011年12月生まれ

結婚式場

えーーーっと、結婚式関連の事でも、ちょっと書いていこうかと思います。

いつか暇になったら、まとめてキレイな文章を作ろうかと思ってたんですが、「いつか暇になる時」っていつだよ!って感じですので、まあ、チョコチョコと書いて行こうかと思いなおしました。

まず、結婚式場のお話。
結婚式&披露宴の場所というと、考えられるパターンとしては、

ホテル、結婚式場、レストラン、ゲストハウス

って感じだと思います。
これに、結婚式の形式

神前式、キリスト教式、人前式、(仏前式?)

ってのが組み合わせて考えるってな感じでしょうか?
で、私たちの場合ですが、二人とも結婚式に対して、同じ様なイメージを持っていて、「レストラン or ゲストハウス」で「人前式」に簡単に決まりました。

「人前式」を選んだ相方の理由は、

「白無垢に興味がない」→神前式が却下
「キリスト教式は、なんかこっぱずかしい」→キリスト教式が却下

私の理由は、

「宗教嫌い」→神前式、キリスト教式が却下

ってな感じです。
式場に対するイメージとしては、二人とも、「他の結婚式をしている人達と会いたくない」という理由で、ホテル、結婚式場が却下になり、レストランウェディングという形になりました。

後は、場所の条件として、「遠方から来る人のため、新大阪からの交通の便が良いこと」という条件を考慮して、レストランを探しました。
友人、ゼクシィ、ネットなどで検索した結果、候補一覧はこんな感じ

モード・ディ・ポンテベッキオ
ル・ジャルダン
mitte
フィガロ
プラスモンジュ
万博迎賓館
皇月
デラロッカ

で、どこもレストランなので、ランチめぐりで、それぞれ見て回りました。

ル・ジャルダン
料理で却下、料理のジャンルがフレンチと中華の融合らしいが中途半端
晴れてたら、周りの庭の雰囲気は良かった。

プラスモンジュ
会場の狭さで却下(60人くらいの予定だが、入らない)
値段が高いので、下見は行っていない。

万博迎賓館
値段で却下、高い。
料理の試食が出来なかった。(シェフの居るホテルに行ってくれとの事)
1日、1組ではない。
自分たちが下見に行った時に、結婚式をしていて、逆に自分の結婚式の際に、私服で下見に来ている人間がぶらぶらしてるのかと思うと嫌になった。
併設してる教会はいい感じ。でもキリスト教式じゃないしね...
ガーデンウェディングができるも良い感じ。ただし、朝からの式じゃないと無理らしい。
あと、希望日が空いてなかった。

皇月
雰囲気が問題外、暗い、狭い
ちょっと、こじゃれた飲み屋としては良い感じ

デラロッカ
同じく、雰囲気が問題外
街中のカフェって感じで軽すぎる。店の前まで行って、雰囲気で却下したため、中には入っていない。

で、残ったのが、
ポンテベッキオmitteフィガロの3つ
というか、前2つがかなり気に入ったので、フィガロは下見に行かなかった。

比較するとこんな感じ
・料理は甲乙つけがたい。普段なら、フレンチ(mitte)よりイタリアン(ポンテベッキオ)の方が好きだが、mitteの料理はかなり気に入った。
・地理的な位置は両方とも問題なし。ポンテベッキオは、歩く時間が長いのが多少気になる。
・会場の広さはmitteが広い。人前式を挙げるスペースがあるので、式と披露宴をきっちり分ける事ができる。
・周りの風景はポンテベッキオ。地上30階なので、かなり風景が良い。逆にmitteは2階、向かいのビルにでっかい星野元監督の予備校のポスターが気になる...

と、かなり迷いました。
(ってか迷ったのは私だけで、相方はポンテベッキオに即決でしたが)

結局、決め手になったかな?と思われるのが、プロポーズしたレストランなんですよね。ここ。

相方さんにしてみたら、初めて行った「高級レストラン」らしく、それも晩に行ったので、「別格」というイメージがあったのと、その割には、割と好き勝手にやらしてもらえそう。という感じ。あと、料理の内容のわりに、値段が良心的。

そんな訳で、会場が決定。
ここまで決めるのに2ヶ月くらいかな?

まだまだ、先は長いです...

Comments

Comment Form