子育てプログラマーの日常

とあるプログラマーの日常をだらだらとつづってます。
息子:2007年8月生まれ 娘:2011年12月生まれ

母の日記

父が「1月2日から、小豆島に行ってくる」との事
アクティブなのは良いのだが、その間、ライラの散歩はどうするのだ!

そんなわけで正月2日から、実家で犬と留守番・・・
まったく、もう・・・

で、実家に1人で泊まった時に、暇だったこともあって、
母親が書いていた日記を読んでみた。

日記は通販生活で買った10年分が記載できるもの。
1994年、私が高校を卒業する年からの記載があった。

読んでみると、思った以上に自分の行動が記載されていて、
その当時の状況を思い出すのが楽しい。

例を挙げると
  • tadahiro バイクの鍵を壊されて怒り狂う
  • tadahiro スピードオーバーで捕まる 警察に怒っている
  • tadahiro バイクで事故 電話で相手ともめている

なんか、私、バイク関係で怒りまくりですね
いや〜こら、親としては心配するわなw

それにしても、書いてあるのが、私のネガティブ面ばっかり
テスト前に勉強しないだ、バイクの修理中は学校休んでるだ
ちっとは、良いとこ見つけて褒めて育ててくれ

あと、目に付いたのが、食事の人数。
よく「晩2人」とか「昼3人」とか書いてるのがあるんだけど、
5人(父、母、姉、姉、私)がそろうのがほとんどない。

今って、晩飯は9割5部以上は妻と子供と一緒に食事してるけど、
子供が大きくなると、そんな時間も少なくなるのかな〜
なんて事を思ってみたり

自分が高校生くらいの頃から、母親の事を、
「自分の母親」という関係ではなく、
「1人の人間」として見るようになっていた気がするが
日記を読んでいると、「1人の親」という風に見れて面白かった

「あんたも親になったらわかる」
と言われたのはこういうことなのかな〜〜〜

ところで、まだ後7年分あるんだけど、いつになったら読み終わることやら

Comments

Comment Form