子育てプログラマーの日常

とあるプログラマーの日常をだらだらとつづってます。
家族構成 妻:アロマセラピスト 息子:2007年8月生まれ 娘:2011年12月生まれ

旅行準備

粉ミルク

↑怪しすぎですね...
確実に税関で止められます。

粉ミルクを一回分づつ小分けにしてます。

やっとGW

やってきましたGWですよ、GW

そう、Guam Week!!!

そんな訳で、1週間ほど、休暇を頂きます。



以前に一人で、石垣島に行ったときに、
ノートPC2台(Win、Mac)持っていったら、
案の定、お客さんから連絡が来て、
しかも、ネットにつなぐために必要な携帯と接続するコードを
途中で無くし、石垣島のホテルから離れられず、
行こうと思ってた、波照間島、与那国島の2つに行けずに、
なぜかホテルで仕事してたという大失敗をしたので、

今回は、準備万端...



ではなく、PCも通信手段も持たないで行こうと思います。
仕事関係者の皆様、申し訳ありませんが、後はよろしくお願いいたします。

福田内閣メールマガジンの件名

第23号の件名
日銀総裁問題。福田康夫です。

...日銀総裁問題を起こした福田さんですか


第24号の件名
道路財源問題。福田康夫です。

...ああ、道路財源の問題も、あなたのせいですね(笑)


第25号の件名
政治の責任。福田康夫です。

いや、あんたの責任w


第26〜29号の件名
ねじれ国会。福田康夫です。
安心して産める社会。福田康夫です。
消費者が主役。福田康夫です。
生活者財源。福田康夫です。



あの〜
正直、もうちょっと、考えた方が良いと思います。



ちなみに、創刊準備号から、36号までの件名の一覧は以下の通り

はじめまして、福田康夫です。どうぞよろしく。
福田康夫です。あっという間の1週間でした。
1週間ぶりのご無沙汰です。福田康夫です。
試練の連続。福田康夫です。
とうとう11月1日。福田康夫です。
ひたすら国民のためを思い。福田康夫です。
安全・安心を第一に。福田康夫です。
外交の1週間。福田康夫です。
寒さが厳しくなってきました。福田康夫です。
水がつなぐ命。福田康夫です。
生活を守る。福田康夫です。
一つひとつ着実に。福田康夫です。
今年最後のご挨拶。福田康夫です。
今年もよろしくお願いします。福田康夫です。
現場を見て。人と話して。福田康夫です。
春に向かって。福田康夫です。
丁寧に、ねばり強く、話し合う。福田康夫です。
食の安全について。福田康夫です。
現場に足を運んで。福田康夫です。
捜索に全力。福田康夫です。
二者択一を超えて。福田康夫です。
果実を分かち合う。福田康夫です。
「きぼう」の第一歩。福田康夫です。
日銀総裁問題。福田康夫です。
道路財源問題。福田康夫です。
政治の責任。福田康夫です。
ねじれ国会。福田康夫です。
安心して産める社会。福田康夫です。
消費者が主役。福田康夫です。
生活者財源。福田康夫です。
胡主席を迎えて。福田康夫です。
困っているときこそ。福田康夫です。
だから消費者庁。福田康夫です。
元気なアフリカ。福田康夫です。
世界が行動すべきとき。福田康夫です。
あきらめないこと。福田康夫です。
生活者の立場に立って。福田康夫です。


...頑張ってくださいね、福田康夫さん

ってか、ゴーストライターの方

保育参観

砂遊び

きょうは、こどものほいくさんかんで、ほいくえんへいってきました。

こどもとすなばであそんでいたら、
小がくせいのおにいちゃんたちがいたので、
こどもをわすれて、おにいちゃんたちとトンネルをほってあそんでいたら、
せんせいたちにわらわれてしまいました。

でも、せんせいたちともなかよくなれて、たのしかったです。


きょうは、よくあそんだのでびいるがおいしいです。

たちの悪い ジジババ達

今日の面子

昨日のお話

親父が北海道の旅行土産のカニにわらわらと集まってきたカニ家族達
私も仕事が休みなんで、息子を連れて、実家へ(妻は仕事)

息子も、今日で10ヶ月、
かなり愛想もあるし、ジジババからしたら、相手をするのが楽しくなってきたみたいです。

父も祖母も、息子の相手してくれるのは良いのだが、
3歳の姪をほったらかしにしっぱなし...

おかげで、やや拗ね気味の姪
かまって欲しくて、ジュース持ったまま、あちこち走り回る。
そこへ、うちの親父が一言
「お姉ちゃんやねんから〜しなさい!」

でたよ、その場の状況だけしか見てなくて、
前後関係をまったく、考慮していない「最悪な一言」

姪は、姉の一人娘、義兄側の従兄弟の中でも一番下
うちの息子は、初めてできた自分より年下の身内
今まで、家族全員の愛情が全部自分に向いていたのに、
初めて、自分より可愛がられる存在の出現

うちの息子と違って、年齢的にも、多感な時期
いずれ、みんなの対応が変わってしまうんだとしても、
できるだけ緩やかに、態度を変えていって欲しいところ

そんな事を"まったく"考えない祖母と父

うまい具合に、祖母、姪、息子が3人で遊んでいる間に、
姉と一緒に、父に説教してました
(祖母には何回も言ってるが、無駄なのであきらめた)

今、姪がどういう状態であるか
他の姪の時に、同じことをして、どうなったのか
など、色々説明して、しばらく姪を中心に観察してくれるように頼んどきました。
あと、「お姉ちゃんやねんから〜」なんて言葉を叱る時に使うと悪影響の方が大きい

今日、親父と話してたら、だいぶ理解してくれてた模様。

まあ、そうは言っても、どうせすぐ忘れるんでしょうけどね...


ちなみに、もちろん、私の息子のためです。
(姪がすねると、息子をいじめる可能性大)
(次の子が生まれた時の場合の予防策)
1/1