子育てプログラマーの日常

とあるプログラマーの日常をだらだらとつづってます。
家族構成 妻:アロマセラピスト 息子:2007年8月生まれ 娘:2011年12月生まれ

記念日

ごめん...


明日、急に仕事の予定が入っちゃったんだ...


一緒に昼飯でもどうかと思ってたんだけど...


行けなくなっちゃった...





え、仕事と私のどっちが大切かって?


そんな事、聞かないで欲しい...


両方を天秤にかけるなんて、できないんだ...


ただ、信じて欲しい、君の事を本当に大切に思っていることを...






仕事が終わったら、何時になっても、必ず君に会いに行くから...





明日は、毎年、私の誕生日を祝ってくれる、心の友の記念日です。
(参考)

GoogleGears ResourceStoreで他ドメインのファイルをキャッシュ

今日は技術者向けの話題です。
その他の皆様、お休みなさい。

Google Gearsってなものを見つけて、いじってみてます。

これ、WEBアプリケーションをローカルで動作させるためのもので、
・ローカルサーバ(HTMLファイルなどのキャッシュ)
・データベース(SQLite)
・ワーカープール(マルチスレッドの処理らしきもの?)
ってなAPI群で、これらを使って、
「さあ、あなたのWEBアプリケーションをローカルでも動くようにできますよ〜」
ってなものらしい。

興味があったのがローカルサーバでAPIの詳細をみてたのだが、
制約が厳しく、同一の生成元で無いとキャッシュできない。
(同一の生成元:ドメイン、ポート、プロトコル組み合わせ、Gears内ではoriginと呼んでいる)

うーーーん、ちょっと厳しいよな〜
まあ、WEBアプリケーションなら同じドメイン内に全部のデータ
置いてるだろうけどね…

で、この制約を無視できないか試してみた。

ようは、同じドメイン内にパイプの役割をするものを置いて、
それで、キャッシュしてしまえばOKじゃないの?
って考えて、

PHPでパイプの役割をするファイルを置いてみた。
<?php
$url = $_GET['url'];
$contents .= file_get_contents($url);
echo $contents;
?>

↑このPHPファイルを同じドメイン内に置いて、
このファイル経由で他サイトのファイルのキャッシュが可能でした。

ってか、これ、セキュリティ的にやばいか...
おもいっきり、別のサイトへの踏み台にされそうですね...

とりあえず、自分が使う分にはbasic認証で制限かけてやれば良いけど、
公開できる方法じゃないですね...

うーーーん、何とかならんかな〜〜〜
まあ、遊びでやってるだけなのですが

プール好き

夏場に、水遊びが好きなことが判明したうちの息子。
保育園が休みで、妻が仕事の日は、親父と息子の男3人で
市民プールに出かけてます。

どうもこのくらいの年齢(1歳ちょっと)の子供って、
水を怖がる気がするのですが、そんな感じがまったくなく、
自分から水に顔をつけて、ブクブクやって遊んでます。

こういう水を怖がらない子供が、小学生くらいになって、
無茶して川でおぼれたりするんでしょうな
無駄な行動力のあるガキには要注意です。

なんで、水が好きになったのかな〜と考えてみると、
息子と水の接点は、風呂だけ

そういえば、3ヶ月くらいの頃から、丁寧に洗うのが面倒になって、
頭からお湯をぶっかけてた気がする...
最初は泣いてたけど、「そのうち慣れるやろ」と思ってたら、
案の定、すぐになれちゃいました。
シャンプーハットとか、面倒くさくて使ってられるか〜〜〜!
ってな感じですw


で、プールで遊んでるのですが、
親父と私が1,2メートルほど離れて立ち、
息子を球にしてパスするのが、息子のお気に入りなのですが...



周りのおばちゃんから、すっごい怪訝な顔で見られるんですよね...



「そんな小さい子に何するの!!!」ってな感じで...


いや、テレビでベビースイミングの様子を見てやってた事を真似しているので、
無茶では無いと思うし、何より息子は喜んでるんですけど...



あと、近所の市民プール、室内なのに珍しく、ウォータースライダーがあったので、
息子と一緒に何度も滑って、喜んでました。(私が)


追記
市民プールの場合、水温が赤ちゃん用ではなさそうなので、
ラッシュガード買ったほうがよさそうです。
参考リンク

秋は秋刀魚です

うまいサンマが食べたい!

そんなわけで、久しぶりに火遊びでもしようかと
炭火のコンロを引っ張り出してきました。

脂ののったサンマを買いに業務スーパーに行ったら、
マグロのかま
マグロのカマを発見!!!

これは買わんといかんやろ〜と衝動買い。

家に帰ってネットで焼き方を調べたら、焼くのに1,2時間かかるとのこと

自分の家でサンマを焼いて煙だらけになるのが嫌なため
親父にもうまいサンマを喰わせてやろうと、
実家に移動

火遊び中
夕方4時ごろから炭火を起こし出して、マグロはホイルで包んで蒸し焼きにする。

日が暮れました
炭火で遊んでたら日が暮れてきました…

1時間半ほどかけて、さあ、うまく焼けたかな〜〜〜
と開いて見ると...


無残なかま

皮がホイルにくっついて、みるも無残な状態に...

かま
まあ、おいしかったし問題ないのですがw


さんま
ちなみに、サンマはうまく焼けました。
炭で焼くと、燃料から水分が出ないので水っぽくならなく、
おいしく焼けるとのこと。

あと、「強火の遠火」でじっくり焼くと良いらしいので、
炭火と焼き網の間にレンガとかをはさんで、隙間を空けたほうがよいらしい。

とうもろこし
弱くなった残りの炭で、無理やり焼いたとうもろこし。
これが一番うまかったりする。


マンションのベランダから煙をもくもく出してて、
消防署に通報されないかドキドキでした。

(上の住人には、前もって、
「18時くらいから、ベランダでサンマ焼いていいですか」
ってTELしたら、笑ってOKくれましたw)

ウィルスバスター2009

ウィルスバスター2008のパターンファイルのアップデートに失敗するので、
インストールしなおすついでに2009へのアップデートしてみた。

感想
・VSSへのアクセスが妙に遅くなった?
・Firefoxに余計なツールバー追加して、Firefoxを落としまくる。
(ツールバーだけ無効化できる)


うざいので、インストール後1日でアンインストール
2008にアップデートした時にも遅くなった気がするので、
2007までダウングレード。

でも、サポート期限が、今年度末なんだよな〜
てか、3年間有効なライセンスでアップデートしないと使えないってのもおかしな気がする。

マイナーバージョンアップが必要なのはともかく、
メジャーバージョンアップが必要ってのはいかがなものか?

台風接近中

保育園、警報が出たら、その時点からすぐに休園にするんで、
迎えに来てくださいってさ〜〜〜

子供のケンカ

えーーっと、「しょうもないケンカ」ってな意味じゃなく、
本当に"子供"のケンカです。

昨日、息子を連れて実家に行ったら、姉と姪(さぁんさぁい)が居て、
一緒に遊ばしてたら、案の定、ケンカしだしました。

自分が遊んでいたものに息子が手を出すと、
「やめてっ!!!」と、息子を押して泣かせるってな具合です。

おお、いい経験しとるな〜と最初は眺めてたのですが、
どこで止めるかが難しい。

自分としては、ハサミや重い棒など、
後に残る怪我をする可能性がある場合は、止めるが、
全部のケンカを止めると、お互いに揉め事を調整する能力が育たないので、
多少の怪我程度で済みそうな場合は、好きにケンカさせておく。

という考えだったのですが、
目の前で行われているのは、ケンカと言うより、
「ただのいじめ」
息子の上に、姪が乗っかって、息子、泣きまくってるし


ケンカに関する考えとは別に、
「親はできる限りの愛情をかけ、子供にとって安心できる存在になってやりたい」
という考えも持っている。

よく考えたら2つが相反する。

まあ、息子が助けを求めてきたら、
助けてやる程度でよいとは思うのだが、
それを判断するが難しい。

言葉を話せないので、私の方に手を出しポーズが、
助けを求める(というか抱っこ?)のジェスチャーなのだが、
姪に乗っかられて動けないしw

泣いていたら助けるというのも考えられるけど、
それやっちゃうと、ケンカさせられない


ちなみに、姉と考えが一緒なので、姪とケンカしてても、
私も姉も子供をほったらかしにしておけるけど、
これが、他の子だと難しい。

「怪我をさせられる」のは良いのだが、
「怪我をさせる」のが怖い
モンスターペアレントだったらどうしようってな感じ。

子供にケンカの調整能力を育てるために、
親の調整能力が試されてます。

GoogleMapストリートビューで

歩行者専用の道路を通っているのを発見。

エンジン切って、ニュートラルに入れて、車を押して撮影したかも?

胎内の記憶

姉に勧められた育児書がある。

「しあわせ脳」に育てよう! 子どもを伸ばす4つのルール

人工知能の研究者で、脳の研究をやっている方が書いた本で、
研究者から見た育児方法などが書いてある本なのだが、
読んでて、涙が出てきた部分がある。

作者に申し訳ないけど、長文を引用させていただきます。
息子は胎児期の記憶を語ってるんだ!
私は素直にそう信じた。
そうしてみると、私の好奇心がむくむくと膨らんだ。私には昔から、どうしても知りたい疑問があったのである。それは、「赤ちゃんは、どこから来るの?」であった。

お母さんのおなかに入る前、魂はどこにいたの?
メーテルリンクの名作戯曲「青い鳥」の中では、魂たちが胎児になる順番を待つ場面が出てきた。子供のころ、この戯曲を読んだときから、私は「本当のところはどうなのよ」とずっと思ってきたのである。この質問に、納得の行く答えをもらったことは一度もなかった。
この命題、今、胎児期の記憶を語っているこの子に解いてもらうしかない。私はそう確信した。
私は慎重に行動に移した。「え〜!ゆうちゃん、お腹の中のこと覚えてるんだぁ。すごい、すごい」なんて矯声をあげて彼を驚かしたら、息子の大事な記憶の扉が閉じてしまうかもしれない。まずは、最初の驚きを飲み込んで、深呼吸する。そうして、喉の緊張をほぐしながら、息子と呼吸のタイミングを合わせた。
ちなみに、対話の相手に心を開いてほしいと思ったら、呼吸のタイミングを合わせるのは、とても有効な手段だ。相手が大人でも効く。真実のことばを引き出せる。奇跡も起こるよ。
こうして、息子が行きを吸うタイミングと一緒に、私は、すっと質問を口にした。彼が吐く息にのせて返事ができるように。
「ゆうちゃんは、ママのおなかにいたのよねぇ」
「うん」
「で、その前は、どこから来たの?」
「…」
ここまで慎重を期しながらも、本当のところ、彼の答えをほとんど期待していなかった。ましてや、私が納得のできる答えなど……。しかし、次の息子のセリフで、私はこの命題の、永遠の解答をもらったのでだった。

「ママ、忘れちゃったの?
ゆうちゃんは木の上に咲いていたんじゃない。
で、ママと目が合ったら、ママがおいでっていってぇ、
それでもって、ここに来たんだよ」

美しい詩のようだった。
私は、涙が止まらなかった。
もちろん、彼が、ことばどおりに木の上に咲いていたかどうかはわからない。けれど、少なくとも、彼の原点の記憶は、「木の上に咲いていた」と表現するような穏やかな満ち足りた場所から始まっているのだ。
そうして、私の魂と共振して、彼はちゃんと何かを確信してここに来たのである。その創め、私たちは、ともに求め合った。ぼんやりと親子になったわけじゃない。
それにね、彼の「木の上に咲いていた」も、必ずしも全否定できるものじゃない。魂は森羅万象に寄り添うもので、ときに風になり、ときに雨として大地にしみこみ、やがて、木の上に咲く日もあるかもしれない。
息子のこのセリフに出会ってから、私は、この世の事象のすべてが愛おしいと思えるようになり、大切な人たちが逝くのが怖くなくなった。
あれから、義父や叔母を見送ったけれど、きっと森羅万象に散って傍にいてくれる、と穏やかに信じている。葬式で流す涙の種類も変わった。悲しみの涙ではなく、満ち足りた魂を祝福する透明な涙になった。
私は、このことばに出会えただけで、一生分の親孝行をもらったと思っている。子どもは神の使いなのかもしれないね。


まだ、息子は話すことはできないが、息子がこんなことを言ってくれたらと想像すると泣けてくる。

私と妻は望んで、子供を作った。
生まれる何ヶ月も前から名前を考え、出産の準備をし、
子供に会えるのを、何ヶ月も楽しみに待ちわびた。
私たちが子供を望んだように、子供が「望んで」私たちを選び、
生まれてきてくれたとしたら、どれだけ幸せだろうか


この本を読んだ後に、姉に聞いてみた。
姪(姉の娘)に胎内の記憶を聞いたのかと。

そのときのやり取りはこんなかんじだったらしい。




「○○ちゃんは、ママのおなかにいたのよねぇ」



「うん、臭かった」



そんなに思うようには答えてくれません…

ユーザー車検

1歳前から「なんでも自分でやりたい欲求」がでてきた息子
父親の私も、最高にアホな年齢(さんじゅうさぁ〜ん)になるのに、
「なんでも自分でやりたい欲求」はたいして変わりません。


そんなわけで、今回はユーザー車検

二輪の頃は、よく自分で整備してたのだが、
四輪になってからは、完全に業者任せでした。

二輪の場合、店が殿様商売で、こちらから
「修理をお願いいたします」と下手にでないといけない感じで、
客も10代、20代の若いニーちゃんばかりだからら、
横柄な店ばっかりなんで、修理を頼むのが嫌。

四輪の場合、こっちが殿様で、「全部、整備しておいてね〜」って感じで、楽チン
その分、金は取られるけどねw
(原付を除く二輪は、最近すっかり販売台数が減ってるみたいだけど、
原因はこういう部分じゃないかと思ってる)

あと、二輪の時は、姉から買い取った単車で、
「買った店に持って行く」という事ができず、
自分で整備するしか方法が無く、わりと単車の不具合に苦労させられた。

なので、四輪を買うときは、
「ディーラーで買って、ディーラーで整備してもらって、
何かあったら、全部ディーラーの責任にする。」
というつもりでいたのですが、四輪を買って、1年経たないうちに、
浜松から大阪にお引越し。

1年経たずに、1つの店に全部の責任を押し付けるという
当初の目論見は外れる...

大阪のディーラーに任せても、「うちの店で購入したわけではない」
と言う扱いなので、ディーラーから足が遠のき、
従兄弟が働く修理工場に全部任せてました。

ところが、従兄弟が会社を替わり、別の修理工場で働きだし、
工場が遠くなってしまった...


さあ、次の車検はどうしたもんかと思ってたら、
車検の時期に、仕事が暇。

久しぶりに作業着(大学の実験などで使ってた)でも引っ張りだして
自分で整備してみるかな?となったわけです。


で、本題のユーザー車検ですが、
検索かけるとやり方は山ほど出てきます

まずは、書類の作成
とりあえず、自賠責の加入が必要だったので、
陸運局近くで、適当な代筆屋さんを探して、自賠責も作ってもらおうと思ったら、
自賠責は大阪陸運協会(地図)とやらで作れとのこと。
自賠責作るついでに書類の代筆してもらうつもりだったので、
書類だけ書いてもらう。

これは失敗
名前、住所、車種とか簡単な内容だったので、自分で書かけた。
というか、ユーザー車検に関して、チョコチョコとあったので、
それを聞きにいったつもりだったが、
「全部、陸運局で聞いてくれ」とのこと。

これでほとんど書類がそろったが、問題は「点検整備記録簿」
自動車検査法人とやらから、フォーマットは取得できるのだが、
半分くらいは、どこをどうチェックしてよいのか、よくわからん。
「チャコール キャニスタ」って何???
って感じ、意味は調べればわかるが、
どこにあって、どうチェックするのかがわからん。

結局、
「車検のあと、[後整備」にて自動車工場に持っていくつもりです。」
という言い訳で、書類提出せず。
どうやら、後から「ちゃんと整備したか〜」ってな葉書が来るらしい。

私の感覚として、制動関係と、燃料漏れだけは
チェックが必要だが、後は乗ってりゃ異変に気が付くってな感じなので、
まあ、どうにかなるでしょ


当日のユーザー車検自体は
一通りの準備は万端にして、
「初めてのユーザー車検で〜す。何もわかりませ〜ん」
ってな感じで行けば、行く先々で、親切に教えてくれる。

検査の手続きも、流れのビデオがあって、それでなんとなくわかる。
(実際の検査と機械が違ったがw)

そんなこんなで、車の検査は無事、合格。


費用の合計は、自賠責、重量税、あと、タイヤが減ってたので交換、
エンジンオイル、エレメント交換、その他こまごまで、大体、8.5万くらい

安く上がったのかと言われると、微妙
前の車検が13.6万、今回、さらに2年経っていることを考えると、
今回、頼んだら、15万くらいかな?

差額、6.5万で、自分が作業した時間と、「今後、不具合の起こる確率」を考えると、どっちが安いかは微妙なところ。

私の場合、車が壊れたら、家で仕事してられるので、別に問題ないのだが、
車を通勤や、仕事に使ってるってな人にはお勧めできない。

趣味以外には車を使わないってな人なら、
整備も趣味に含めてしまうってな感じならお勧めかも?

さて、後はブレーキパッドの残りだけチェックしておくか。
(↑一番大事な制動系が未チェック)
1/1