子育てプログラマーの日常

とあるプログラマーの日常をだらだらとつづってます。
家族構成 妻:アロマセラピスト 息子:2007年8月生まれ 娘:2011年12月生まれ

政経懇話会&一人5000円で市を動かす

日曜日に、ひでぽんさん(摂津市市議会議員)主催の
政経懇話会に行ってきました。
カフェで行うこじんまりした会です。(←失礼?w)

このブログの画像でひでぽんさんの向かいで、
ペン代わりにストローを持ってるのが私です。

内容は↓こんな感じ
・市長選所感
・議会報告
・決算審査中間報告
・学力テスト結果に関して

選挙に関して、摂津市では、
「白票は白票として数えてるよ」ってのが面白かった。

選挙の争点に、「駅前開発」があったらしいのだが
現職市長が勝ったので、「駅前開発が民意に承認された」
ということになったとみなされるらしい。
(私には「共産党と現職市長とどっちがマシ?」という選挙としか思えなかった)

現市長:約14,000票(得票率 6割6分)
共産党:約 7,000票(得票率 3割3分)

ということらしいけど、摂津市で選挙権持ってるのは、67,000人
それを含めて考えると

現市長:約14,000票(得票率 2割1分)
共産党:約 7,000票(得票率 1割0分)
無投票:約46,000票(得票率 6割9分)

ってな感じ。(ソースは摂津市選管)

現状では白票はわずかな数らしいけど、
投票行ってない人間が、20,000人くらい白票が入れれば
「駅前開発が民意に承認された」
なんて絶対言えないのにな〜って風に思った。

まあ、そんなことになったら、白票数えるの止めるかもしれんが


こんな理由もあり、会の中で、
「投票率アップの案、何かないですか?」ってな話があった。

その時には思いつかず、後でひでぽんさんにメールしたのが、↓こんな案。
・投票に行くと、一人一枚クーポン券がもらえる
・クーポン券は摂津市内のスーパー、小売店などで使用可能
・クーポン券の使用期限は1週間程度(手間を省くため)
・スーパー小売店は、もらったクーポンを集めて市役所に持っていくと1枚あたり200円に換金してもらえる
・スーパー、小売店の値引き額は自由に設定可能
(クーポン券で500円引きでも、コーヒー1杯サービスでも何でもOK)
・参加したスーパー、小売店のリストは摂津市のホームページで公開(GoogleMapで店情報表示)
・これにかかる費用は、ふるさと納税で集める。
寄付時に、使用して欲しい目的を"摂津市投票率アップの会(例)"に一任する旨を記載してもらう
↑摂津市民からの寄付でも意味が出てくる

クーポンにかかる費用は、選挙人67,000人×200円×アップした投票率60%=804万円
賛同する人が一人2万円寄付してくれたとして402人の賛同があればできる
ひでぽんさんに聞いたら、過去に使用目的を限定した寄付があり、
「その使用目的どおりに使わせていただくのが筋だと思っている」
という趣旨の答弁があったとのこと。
(これは自治体の判断によるので、全ての自治体で目的どおりに使ってくれるわけではなさそうです)

ふるさと納税の仕組み上、寄付する人間は絶対に5,000円は損しちゃうけど、
それで数万円程度の金額を意思を持って動かせるとしたら、
結構、使える方法だったりするのかな〜なんて思ってます。

ってか、この方法、他の事に流用できそうな気がする。
例えば、どっかの学校前に、信号機つけるとかかな?

信号機、1基あたり約130万円くらいなので、
交差点にするために4基で520万円
1人2万円づつ寄付金を集めると、260人が賛同すればできる

大規模な学校なら可能かな〜なんて思うけど、どうなんだろ?
少なくとも、署名を集めてどうこうと言う方法よりはマシっぽい気がする。

バージョンアップ 添付忘れ防止プラグイン for Becky!2

要望を頂いたので、地味にバージョンアップしました。
添付忘れ防止プラグイン for Becky!2
Vector側は、アップされるのに少し時間がかかります

本の取り寄せ

相方の実家が、近所で細々と本屋をやっているので、
多少でも売り上げに貢献できればと思って、
急ぎで必要な本以外は、妻の実家で買っている。

好きな漫画家(作家?)の本が出るので、
いつも通りに取り寄せを頼んでから、
この本はやめときゃ良かったかな...
と、ちょっと後悔した。

この世で一番大事な金の話

「この世で一番大事な金の話」(西原理恵子/著)
画像は西原さんのブログから拝借

こんなタイトルの本を買ってる婿ってどうよ?

あと、毎日かあさんの5巻が楽しみ

シーリング

何でも自分でやりたいシリーズ
第何弾だろ、よくわからん

さてさて、今回のDIYはシーリング

家のキッチンのシーリング(壁との間のゴムの部分)がひび割れしてました。
「何じゃこの借家は、ボロイの〜」なんて事を思いながらも、
大家を呼んで直してもらうほどの事でもないので、
自分でシーリングを打ち直してみました。


カッターで削る
とりあえずカッターで前のシーリングを残さず削ります。

左が残してある部分、右が削った部分
左側が残してある部分、右側が削った部分
わかりにくいので心眼で見てください。

シールはいらん
ついでなので、余計な広告は捨てます

削った所
ずいぶん、壁を削って傷つけたようですが、持ち家ではないので知った事ではありません

マスキングしてシーリングを出します
マスキングテープでシールしない部分を隠し、シーリング剤を塗り塗りします

コーキングガン
コーキングガンという道具が必須です。
使用前にガンマンになったのは言うまでもありません。

へらで伸ばす
これが一番気を使う作業。
仕上がりがコレで決まります。
出来れば、1回なぞるだけで切ってしまえれば一番良いのだとか

初めての作業で、シーリング剤を塗りすぎているため、
当然1回ではできません。

マスキングテープをはずす
マスキングテープをはずすと、それっぽく見えます。

でけた

ってなわけで、とりあえず完成。
後は、1日〜2日程度立てば、乾いて丈夫になるようです。



で、さあ、上下に突っ張って固定する棚を付けて、
片付けようと思ったら...


早速ひび割れ
早速ひび割れ...

ああ、そうか、上下に突っ張ったので、
キッチン全体が下に押し下げられて、隙間が空いちゃったのね...

って事は、あれか、元のシーリングがひび割れしたのも、
わしのせいって事か...

大家さん呼ばんで良かったw


落ち込んでいても仕方ないので、上から2度目のシーリング
ちょっとRを大きめにシールを切り、適当にごまかす。

修正

と言うわけで完成。
やっぱり、何でも1回目は上手く行かないですな。

費用は以下の通り
・シーリング剤   250円
・マスキングテープ 150円
・コーキングガン  350円
・へら       200円
合計で1,000円しませんでした。

ついでに実家のキッチン周りも補修しておくかな

今回参考のしたページ

自分を笑う

(1つ前のブログに関する話ですので、先にそちらを読むのを推奨です)

バカ日本地図のサイトを作った谷口一刀さんのブログが好きで読んでいる。
発想のすごさに感心する。

現在、執筆準備中のようで、こんなエントリーがあった
"バカのススメ"から引用(←こちらへの寄り道推奨)
自分を正しいと思うのは、自分に自信がないからだ。余裕がないのだ。反対に自分のことを笑う人は、その笑っていることなんてどうでもいいほど、じつは自分に自信があるのだ。
これを読んで、ふと過去の自分の笑い話を書いてみたくなった。
前回のブログで思い出話を書いてみたのはそんな理由。

こういうのを自虐ネタと言うと思うのだが、
自虐ネタを書くのには、自分なりに幾つか理由がある。

1.弁解(弁明)の機会が与えられる

前回のブログの話だが、飲み会などで、友人が全くの他人に、事細かに説明したりする。
正直、ちょっと恥ずかしい。

今でこそ、
「その時に髪を切りすぎちゃって、こんなハゲあがり方しちゃって...」
とか、適当に返せるんですけどんねw

この話を友人に話されてネタにされるくらいなら、
途中から話の主導権を奪っちゃって、
自分の意見を織り交ぜて話すことで、話に弁明を含めることができる。


2.「面白い」と言う評価を自分のものにする

これは関西特有の価値観が関係している。
「おもしろい人間はすごい」ってな価値観である。

自分の恥を友人Aに話された場合、
友人Aの評価:面白い人
私の評価:変な人
となるのを、途中から自分で話すことで、
友人Aの評価:なし
私の評価:面白くて変な人
としてしまうことができる。
結局、評価としてプラスになる。(と思っている)


3.人を不愉快にさせる事が少ないネタである

私自身、大阪に住む人間としては、「笑いを取る」のはかなり苦手なほうである。
笑いを取るには、人をけなす事が割と多いと思うのだが、
その「けなしてOKなレベル」を計るのが難しい。
(このレベルを超えて、微妙な空気を作ってしまったことが何度もある)

長年一緒に居る友人なら、「ここまでけなすとアウト」というラインがある程度わかるのだが、
それを考えずに済むのが自分自身で、どこまでけなしてもOKな唯一の人間である。
(彼女や配偶者が嫌がる場合はあるけど)


4.自分を下げることで、ある程度、相手をけなす許容範囲を広げることができる

「自分がこれだけ恥ずかしい話してんだから、多少はあなたをけなすのも許してね。」
ってな感じの雰囲気を作ることができる。

あと、相手をけなしたとしても、
「それはあくまで面白いことを言いたいだけで、あなたへの悪意ではないんですよ」
というのを伝えることができる。


他に、高校時代の友人で、まったく笑えない自分の状況をネタにしてた友人がいて、
それがものすごくカッコ良く見えて、その影響と言うのもあると思うのだが、
これは書くと長いので、また今度

自分なりに自虐ネタに関する考えはあったのだが、
「自分に自信があるから自分を笑いものにできる」と書かれると、そんな気もします。

単に古い話になったというのもあるが、
前のブログの話も、気にせず話せるようになってるしね。

(あまり思い出話を連発すると、「俺も昔はワルだった」みたいな感じで恥ずかしかったりする)


私は、
「自分にそれほど自信は無いけど、自信のある人間にあこがれている人間」
ってな感じだろうか

前のブログも、妻に見せて、「コレって面白い?」
なんてアップ前の内容を読ませて、笑ってるのを確認してからアップしてたりします。

(↑ 小心者)

(↑ 自虐ネタ?)

高校時代の友人と会うと、よくネタにされる話

高校時代に、ラグビーの練習中にケンカした時の話。

ルールの1つに「ノット・リリース・ザ・ボール」という反則がある。
ボールを持っている人間がタックルを受けて倒れた場合、ボールを離さなければならない。
ただし、タックルを受けても、倒れていなければボールを持ち続けてOKだし、
相手がすぐにタックルを離してしまった場合、
すぐに立ち上がって走り続ければOK
(↑この部分、実は今でも、あいまいでよくわからん)

このルールでケンカになった。

私がタックルを受けて倒れたが、相手が私から手を離していたため、
すぐに立ち上がり、走り続けた。

その後、モール(ボールに人が群がって密集になっている状態)の真ん中に居た時に、
「反則やろ、ボケ!!!」
とモールの外の友人Fに指摘を受ける。

練習中でやや興奮気味な私は、ルールに自信が無いのに、
「中学からラグビーやってるくせにルール知らんのか、ボケ!!!」
と返す。

そしたら、モールの中で動けない私に向かって、飛び蹴りしてきやがった。

ラグビーのスパイクって、裏にアルミのポイントつけてるから、マジで痛いし、危険。
身動きできない中で、イラつく私。

やっとプレーが止まり、密集から抜け出してきて、
さあ、やり返してやろうと思ったら、
私に飛び蹴りをくらわした友人Fは、あわてて仲裁に入った後輩数人に
両腕をつかまれて抑えられている。


これをみて、手を出すに出せない私。
興奮しながらも「抑えられてる人間に殴りかかったらあかんやろ」
みたいな感じで、余計にイラつく。

練習を続ける気になれず、グランドから離れて行った。

テーピングのため、グランドの脇で一部始終を見ていた別の友人Mが、私に声をかける

「どこ行くん?」

とっとと帰りたいし喋りたくない。
「どこいくん」って何やねん。
横で一部始終、見てたらわかるやろ!!!
こんな気分で練習なんか続けられるか!!!
ムカつくんじゃ!!!

とにかく、声をかけられた事にイラつき、
感情を制御しきれず、大声で言い返した!














俺:「散髪っ!!!」


友人M:
( ゜д゜)ポカーン

後輩マネージャー数人:
( ゜д゜)ポカーン
( ゜д゜)ポカーン
( ゜д゜)ポカーン
( ゜д゜)ポカーン




未だに自分でも何でそう言ったのかよくわからん...

時間があったら、髪を切りに行こうと思ってたからか、
「どこにいくん」という質問に、「帰る!」では答えにならないと思ったのか
こちらが一方的にやられて「帰る」では負け犬っぽいと思ったのか...

よくわからんが、言ってしまった手前、
家に帰って、律儀に散髪に行って、
スッキリして、次の日、学校に行って部活行ったら、

みんな、大爆笑(ケンカしてた友人F含む)

「まじで散髪してきてるしw」

ってな感じ


たまにラグビー部の連中と集まると、毎回のように話されるこんな話があと2,3個ある

航空幕僚長 論文問題

ニュースを見てて疑問に思う部分があったのだが、
どうも自分の意見に自信がなかった。
昨日、ひでぽんさんと話して、すっきりしたのでまとめてみた。


どうも、この問題の本質が報道されていないのが気になる。
今回の論文云々で、一番問題なのは

「軍隊(自衛隊)は政治的意思を持ってはならない」

と言うことのはず。


軍隊は政治的な道具の1つであり、
その道具は利用者(政治)の意思によって動くものである。


アメリカに"自分で攻撃対象を設定する核ミサイル"
なんてものがあったらと考えてみて欲しい。

米:「日本が邪魔なんで、日本に核ミサイル発射!!!」
ミサイル:「いや、おかしいのはあんたらでしょ?」
と攻撃対象をアメリカに変えるミサイル

うん、ある意味、それはそれで良い気もする。



話がそれたが、暴力は政治的意図を持って行使するものであり、
暴力を行使する人間が、自分の意図で動くものではない。


自衛隊は軍隊じゃないなんて言い訳は通用しない
呼び方がどうあろうが、自衛隊は強力な暴力振るうための部隊であり、
やろうと思えば、クーデターを起こせるだけの暴力を振るうことができる


軍隊に政治的意思は必要ないはずなのに、
なぜか、何十人もの自衛隊員が懸賞論文に応募してその意思を示し、
それが自衛隊内で推奨されていた。

挙句の果てに、そのトップが同様の行為をし、最優秀賞を受賞
どう考えても、選ぶ側に政治的意図があって、それに利用されちゃってるし

うーーーん、危険すぎる

やろうと思えば、こいつらクーデーター起こして、
東京を占拠して、軍事政権とか作れるんだよ?
(続かないとは思うけど)


↓それなのに、なぜか報道はこんな感じ
・日本は侵略国家だったのかどうか?
・日本は過去を謝罪するべきかどうか?
・幕僚長の退職金が払われるのはどうか?


バカじゃねーの???


まあ、なんだ、あれか

日本は平和なんだね...

赤穂温泉

水曜日の昼から仕事を休んで、木曜日の昼過ぎまで、
父と義父とで一泊旅行に行ってきました。

自営業のメリットは、休みの時間をある程度、自由に設定できること。
自営業のデメリットは、休み中にもかかわらずかかって来る可能性のある
緊急の電話におびえながら旅行に行かなければならないこと
(今回は連絡なかったけどw)

旅行記は相方のブログをどうぞ
相方の旅行記1
相方の旅行記2

祖母 骨折

と言っても、8月上旬の話

祖母が転んで太ももの付け根の骨を骨折
ほっといても、くっつか無いとの事で手術が必要との事
入院して5日くらいで手術して、1ヵ月半ほど病院で療養

9月下旬に退院
で、なんとか一人で生活している

正直、入院したときには、「今後、どうするの?」
というのがすぐに頭をよぎった

一般的に80台後半の人間が足を骨折したら、もう、元には戻らない
寝たきりに近い状態になるのを、リアルに想像できた


が、普段から外にでて元気な祖母
足腰もそれほど弱ってなかったので、なんとか回復し、
相変わらず、一人暮らしを続けている

ただ、家の中の日常生活は何とかなるが、買い物等は微妙との事
そんなわけで、近所に住む叔父(祖母からすると息子)が
毎朝出勤前に、弁当を2食分買って持ってきてくれてるとの事


話は変わって、我が家の晩飯は当番制で、
月〜木は妻、金〜日は私。

私の当番の日は、時々、実家で晩飯を作って、
親父の分を置いて帰ってる。

祖母が退院して2週間ほど経ったある日のこと、
仕事が忙しく、晩飯は手抜きメニューの「カレー」
(ちなみに、他の私の手抜き料理レシピは
「お好み焼き」、「焼きそば」、「皿うどん」、「カツどん」
など、一品だけを大量に作ってごまかすのが定番)

で、ふと祖母の事を思い出して、カレーを祖母に持っていった。
その時に言われたのが、


「こういうのが一番嬉しい」


正直、かなり複雑な感情になった。
素直に喜んでくれて、嬉しい感情と、
「こんなもんでそんなに喜ぶなよ」ってな、
なんか哀れというか、なんと言うか...
そういえば、弁当ばっかりで、暖かい食べ物食べてないのかな〜
なんて気になってしまった。

うちの家系(特に母方)は、
「自分のことは自分でする」という考えで育っているので、
「同居」という考えは、ほとんど選択肢としてありえない。

同居という選択肢は、夫婦の一方が死亡して、
残った一方が一人では生活できない時にのみ選択するものという考えだった。
(ちなみに、私が仕事を辞めて大阪に帰ってきたのは、
あくまで一時的な措置として考えていて、
現状も実家で仕事をするなど、微妙なつながりは残しているが、
今後、私ら夫婦と、父が同居することは、
父が寝たきりにでもならない限りないと思う)

で、正直、そろそろ祖母は一人で生活できない状態になりつつある。
祖母は、母方の祖母なので、父とは血のつながりは無く、
母が亡くなっているため同居はありえない。

祖母の子として、私から見たら、叔父と叔母がいるのだが、
・叔父と祖母の関係は微妙(嫁姑関係の板ばさみの経験あり)
・叔母は、夫の親と同居中
ってな感じで、二人とも祖母との同居は難しそう

今後、状況が変わることはなさそうな雰囲気
私にどうできるもんでもないので、すでにあきらめ気味
自分がつぶれない範囲で、適当に息子連れて遊びに行くくらいかな...

とりあえず、金曜と土曜は毎週、晩飯作って持ってってるんだけど、
そろそろ、私のパワーの限界が近づいてきてます...

祖母の回復状態をみて、徐々にフェードアウトの予定


それにしても、こういう状況になると、
核家族の効率の悪さが際立ってくる

妻の実家のような大家族と言うのにも一利あるな〜
なんて事を思う今日この頃
1/1