子育てプログラマーの日常

とあるプログラマーの日常をだらだらとつづってます。
家族構成 妻:アロマセラピスト 息子:2007年8月生まれ 娘:2011年12月生まれ

恐怖の人工衛星

人工衛星
姉と姪二人を連れて、中ノ島の科学館に行ってきた。
私が、何度でも子供を連れて行きたいと思う場所。

子供が体験して遊べるおもちゃが色々在って、楽しい(私が)
子供に理系の興味を抱かせるには、いい場所かな?なんて思ってます。

さて、4階から展示を回るのだが、最初がくせ者。
最初の展示のテーマが「宇宙」なんですよね〜

星などの展示もあるので、やや暗めの設定にしてあり、
何度か別の姪を連れてきたが、最初のゾーンで「怖がる」。

と、言うのをすっかり忘れてて、天井から吊るしてあった人工衛星を見つけて説明してしまいました。

「あれは地球の周りをぐるぐる回ってて、悪い子が居ないかを探してる。
悪い子を見つけるとレーザービーム撃ってくるから気をつけや〜」

と、冗談で言ったら、家に帰るまでずっと、

「人工衛星ってホンマはないんやんな?」
「ホンマは地球の周りを回っていないんやんな?」
「ホンマはビーム、出〜へんねんやんな?」

と、ずーーーーーーっと聞いてました。

ちなみに私の答え

「あるよ、お天気のニュースで『人工衛星ひまわりからの映像です』とか言ってるのしらん?」
「ほんまに回ってるよ〜」
「アメリカ軍の軍事構想であったよ〜、多分、今はもう実用化されてるよ」

と、面白がって話してたら本気で信じますねw
姉によると、どうやら二人とも夜に人工衛星にうなされるとの事です。

子供に嘘をつくときは、本当の事を混ぜて話すのがポイントw

ちょこびっくりパフェ
その後、もうすぐ潰れると噂の道頓堀極楽商店街
喫茶コロンビアのパフェでご機嫌をなおしましたとさ

ちなみに、味はいまいち
カナリヤの方がお勧めです

(子)モリ〜クリスマス

25日は仕事をお休みして、家族3人で実家へ行き、
姪達と戯れている...予定でした

24日の晩から相方が体調を崩してダウン
25日に朝から実家に行くつもりでしたが、家に置き去りにしてきました。

↓そんなわけで昨日の面子はこんな感じ
クリスマス面子

色々疲れました...

ちなみに息子は、微妙に風邪気味
一応、元気なんですが、時々、機嫌が悪くなり、甘えん坊になる

私の子育ての基本スタイルは、
「他の子供と一緒に居る場合は、自分の子供も他の子供も同様に扱う」
ってのをできるだけ守るようにしている。

これは他の子供のためってのもあるんだけど、
自分の子供をひいきしない事で、他の子供の機嫌を損なわせず、
結局、自分の子供のためになると思ってる。

でも、風邪引いてたら、無理!!!

子供が甘えて、膝の上、正確には太ももに乗っかってくるんだけど、
子供3人に対して、私の太もも2本しかないんです。

「姪1は6歳だから、我慢させろ」ってのが一般的な意見かも知れないけど、
この姪1、最近でこそ姪2ができたのでお姉ちゃんとして扱われることに慣れてきたけど、
姉1の子供の二人姉妹の下で、甘やかされることに慣れているし、まだまだ、甘えたい盛り。

あと、昨日の面子の子供で、唯一、自分の親が来ていないことを考えると、
余計に気を遣ってやらなきゃいけない存在。

息子が甘えて、寝転がってる私の上に乗っかってきた場合、
その後に、姪二人が乗っかってくる。
総体重50kg弱...

息子の機嫌をとろうと、足の裏に息子を乗せ、飛行機をやったら、姪二人にも必要。
姪1は体重25kg...

お馬さんやると、調子に乗って、3人全員で乗っかってくる...
30歳超えると体力的に厳しくなってきますね。


さて、姪2はまだ一人っ子、3歳のわがまま盛り
自分の遊んでるものに、息子が手を出すと、
「やめてぇっ!!!」とすぐに手が出る
(といっても、殴るわけじゃなく、押す程度)

押されて、尻もちをつき、すぐに泣く息子...
それやると、息子のフォローも必要だけど、
その後に、息子だけにかまってるようにならないように、
姪1にも、姪2にもフォローが必要になる...
頼むから余計な仕事を増やすなよ...

と、思っていると、姪2が叫ぶ
「○んち、でた〜」
しかも、姉2が美容院に行って居ない時に...

姪2は割と長くオムツをしていて、オムツが取れて半年程度、
まだ、時々は失敗する。
なので、できるだけ精神的なダメージを残さないように、
と思っていると、姪1が言う

「うわ〜〜〜きたな〜〜〜!!!」

うん、こういう人の心にダメージを残す部分、
ちゃんと姉1のDNAを受け継いじゃってます...

できるだけ、そ知らぬふりをしながら、パンツを交換
姪2も気まずいのか、必死に他の話をするので、それにあわせます。


一息ついたところで、今度は、姪二人がケンカ
原因を聞いたら、どうも姪1が使っていたおもちゃを姪2が奪い取ろうとしたらしい。
姪2に、「人が使ってるおもちゃを奪い取ってはいけない」というと、
「タークン、キライ!!!」とそこから逃げ出す。

こういう場合は、とりあえず、ほっとく。
無理やり謝らせても意味ないし、どうせすぐに仲直りする。

で、次は姪1へのフォロー
「まだ小さいからわがままやけど、謝ってきたら許してあげてな」
ってな感じで、話しておく

その子にもよるのだろうが、たぶん、
「お姉ちゃんやねんから、貸してあげなさい」
ってのは、多分、マイナスの効果しかない。

姪1は、私が姪2と話している間、気まずそうにしてたし、
自分でも、貸してやればよかったかな?とも思っているはず
周りに言われると意地になるだけだし、
何より、今回の件は姪2のわがままで始まった。
それに対して姪1を叱るのは、大人の都合で理不尽だよな〜

なんて事を、この言い方で良かったのか?
と考え込んでたら、案の定、また二人で一緒に遊んでるし...
考えてたのが馬鹿らしくなる。


で、他に子供のクッキー作りなんてイベントがあって、
今日の晩飯の担当は、私。

・にんじんのポタージュ
・手羽先のから揚げ
・えびのサラダ
・ミートソーススパゲッティ

子供が好きそうなものばっかりで、
一応、自信のあるものばかり集めてみた。

この手羽先のから揚げが時間かかるんですよね〜
二度揚げするので、17時くらいから揚げてるけど、
18時に間に合わなくて、みんなが食べてる間も、キッチンに立ちっぱなし
できたものから出していって、食べてもらい、
自分はキッチンで料理しながら、適当につまんでるって状態

で、できた手羽先を見た姪1の一言

「怖い〜」

手羽先の見た目が怖いらしく、料理として問題外らしい...
ちなみにスパゲッティはいい感じに仕上がったと思ったら、
「硬い」との事...

そうだよね...
子供が好きなスパゲティってグニョグニョだよね...

結局、評判がよかったのは、ポタージュだけ
(実はそれも、忙しくて、気が付いたら底がちょっと焦げてたりする)

結局、私は座って食事することなく、晩飯終了。
そしたら、みんなほとんど昼寝せずに遊んでいたので、
飯食って、腹が膨れたら、みんなグズグズの状態に...

まず、姪2が撃沈。姉2が姪の相手をして、私が息子の相手をしてると、
姪1は相手が居ないので、父の膝の上に座る
重いから降りろと言う父。

案の定、姪1までグズって泣き出す...

息子が寝たので、やっと荷物をまとめて、相方の食事の準備をまとめて、
実家での一日が終わる...

疲れました...

クリスマスプレゼント

さて、現在、息子は現在1歳と4ヶ月ちょっと
クリスマスプレゼントは必要でしょうか?

子育てとか、色々調べたりとかはやる気がするのだが、
どうも、こういうことはまったくやる気が起きない...

実家で姪を呼んでクリスマスパーティーの予定はあるんだけど、
プレゼントは要らんかな〜なんて思っとります。

サンタクロースを信じるうんぬん以前に、
それが何のこっちゃかわかんないよね?

まあ、来年あたりからやるとするか

墓石

これを見て、ふと思いついた
私の墓石、「Ctrl」と「S」にして欲しいな〜

ガキが悪戯して、「S」を裏返して、「Z」にしたら復活してきます

にんじんのポタージュ

晩飯が終わった後で、酒でも飲みながら、
明日の晩御飯を作り出してみたりする。

こういう、「やらなくてよい料理」をするのは楽しい
時間に追われて、「ああ、今日の晩飯なに作ろうか...」
なんて考えでやってる料理は楽しくないんだけどね

この前作ったら、意外と簡単にそれらしい味になった

にんじん煮込み中
にんじんをコンソメで煮込んでやらかくして

バターで小麦粉を溶かす
同時進行でバターを溶かして、小麦粉を炒める

ミキサーで混ぜる
牛乳を少しづつ入れながらハンドミキサーでかき混ぜ

にんじん粉砕
にんじんが柔らかく煮えたらミキサーで粉砕

まぜまぜ
で、混ぜる

できあがり
とりあえず、出来上がり。

あと、生クリームを混ぜるとコクが出る。
どうも、生クリームを入れてから、再加熱すると、
コッテリしすぎて、しつこい感じになるので、それはまた明日。

以上、遊んでました。

ミートソース リベンジ

ミートソース(レトルト)
matsuさんに色々アドバイスいただいたので、ミートソースにリベンジしてみました。



レトルトで(笑)


いや、もらったコメントにレトルト使うなとは一言も書いてなかったし、
主に麺のゆで方や、パスタ全般の事で、ソースの作り方云々は特になかったので、

「これ、レトルトでもよくね?」

ってな感じで


・沸騰させすぎない
・ソースと麺をフライパンで絡める
・ソースと絡める時に、ゆで汁とチーズを入れる

って辺りが今回、気をつけた部分かな?
ちなみに、大盛にするなってのは無理(笑)
できるとしたら、大きな皿を使って、重ならないようにするくらいかな?
(今回、やってないけど)

で、やってみたら、前回よりかなりおいしくできました。
(レトルトのくせに...)

まともに麺も茹でれんくせにソース作りに力入れてもしゃーねーよ
ってな事ですね



如水ミートソース
ちなみに、我が家でミートソースなんぞすると、
食卓がえらいことになります。


ついでに子育てに関してちょっと
綺麗に食べさせるようには、ほとんどしていません。

まだ、まともにスプーンもフォークも使えないですしね。

そういったしつけも大事なんでしょうが、
大人になるにしたがって、適当にマナーは身につきますし、
なにより、手先が器用になれば、綺麗に食べれるようになるんだろう
ってな感じで、家では汚したい放題にさせるように気をつけてます。

神経質になりすぎて、食事することが嫌いになってしまう事が
子供にとって一番よくないと考えていますので。

外では、そうも言ってられないんですけどね...
(よそ様の宅を汚すのは...着替えがないし...etc.)

モデルデビュー

モデル立ち
嘘です

カフェでお茶してた時に、
フォトグラファーをしている友人が撮ってくれましたw

おとうさんと一緒
こちら、私と一緒
(画像はクリックすると、超親バカサイズになります)

画像をもらって、ぼーっと眺めてたときに思ったんですが、
やっぱり、写真っていいですね。

この画像を撮ってもらってる時、私もそばに居ましたが、
普段は全然、子どもの表情をゆっくり見てないです。

男の子なので、特にそうなのでしょうが、
とにかくよく動き回る。

子連れで行ってしんどくない場所って本当に限られていて、
自宅、自分の実家、保育園、万博公園などしかありません。

それ以外の場所に行くと、
「何を触るのか?」
「危険のあるものは無いか?」
「壊れる物は無いか?」
ってな感じで、常にどこか、気が張っている状態
一瞬、一瞬の表情を見ている余裕なんてないですね。

「子どもの寝顔が天使の寝顔」なんて言うけど、
実際は、子供はいつでも天使の顔してるんだろうけど、
親がゆっくり、その顔を見れるのは、
寝てる時しかないんだろうな〜なんて思ってます。

と言う訳で、Studio Airyをお願いしますw

ミートソース

晩飯にミートソースのスパゲッティを作ったみた。

ミートソース
初めてのミートソース自作

晩飯
見た目は悪くないのだが、
手間がかかった割に、味はレトルト以下

和食とか中華なら、味見をして、何の調味料が足らんのか
ある程度わかるのだが、洋食はよくわからん。
味見してる間に、スパゲッティゆで過ぎたし…

○ラシモアのトマトジュースの味が悪かったのかも???
適当に作ったホタテのスープの方がうまかったりする。

また、料理教室に通いたくなってきたな

息子の成長記録1

半ケツを上げて、おならができるようになりました

キャッシュフローゲーム2回目

キャッシュフローゲーム
以前に「金持ち父さん貧乏父さん」を読んだ時に、興味を持って一度行ってみたのだが、
全然まともにゲームさせてもらえなくて中途半端だった。

で、たまたま、妻のマイミクさんのカフェでイベントがあったので行ってきました。
なんとなく、ゲームの全体像がつかめてなかったのが気持ち悪かったので。

前回は8人くらい、初心者ばっかり、1時間で終わりと、話にならなかったのですが、
今回は、3人、初心者1人、2回目2人で、わりとまともにゲームできました。
1時間で区切って2回やったのですが、
1回目はファーストトラックに移れず、
2回目はゴール目前って感じでした。

で、感想なんですが、以前にnagaokaさんにコメント頂いてるように、
正直、ある株などの投資をやってる人間なら、
ゲームの計算など自体は、それほど勉強にはならないです。

ただ、昔に考えていたことを思い出して、
以前とは自分の考えが変わっていると感じたことや
サブプライム問題の前のアメリカの設定なので、
無茶苦茶な設定があるな〜なんてことを思ったり
色々、考えるところがありました。


以前のゲーム会の時に、3時間中2時間は主催者に喋りの時間をとられてイラついてたけど、
自分で主催して、ゲームの内容に関して喋りだしたら、2時間じゃ全然足りなさそうな感じですなw


妻にある程度、お金に関する知識を持ってもらうために、
もう1回くらい参加して見る予定です。


あと、ゲーム会の帰りにふと思った事
「子供って(金銭的には)負債だよね」
↑と話をふった時の対応で、
その人のお金に関する考え方がなんとなくわかる気がする

ちなみに、これ使うと計算が楽そう
1/1