子育てプログラマーの日常

とあるプログラマーの日常をだらだらとつづってます。
家族構成 妻:アロマセラピスト 息子:2007年8月生まれ 娘:2011年12月生まれ

会社というもの

新年会で友人と話してた内容について、後からいろいろ考えてしまう。

友人T:
「会社の景気が悪くなると、経営者は簡単に従業員の給料を下げる事ができる。」

その時は、労働組合があろうが無かろうが、
「経営者は、そんなに安易には下げないんじゃないの?」
ってな事を話したんだが、後から考えると、
「やっぱり下げるかな〜〜〜」
なんてことを思った。

と、同時に、
「会社の利益が下がった場合に、賃金を下げることは悪いことなのか?」
ってな事が、疑問として湧き上がった。

経営者の立場からして、「不景気でも賃金を下げれない」となると、
その場合の資本を用意しておく必要がでてくる。

それをどこから持ってくるかと考えると、
「好景気でも賃金を上げない」ってなことになりそうな気がする。


私が以前に勤めていた会社は、人数的には小さい会社で、
「稼いだ金はみんなで分け合おう」ってな感じの考えの会社だったと思う。
(私がそう思ってるだけで正確ではないかもしれない)

それは、当然、会社が利益を得た場合には、大きなリターンがあるが、
利益が小さい場合には、リターンも小さく、賃金に「大きな変動」があることを意味する。

それで、うまく行っていたかというと、よくわからん。
私が居た期間はたった2年3ヶ月で、実際に給料が前年より下がることは無かったのだが、
下がりそうになった場合に、心理的な抵抗がかなりあった。


自営業になった今となっては、自身の賃金は会社の売り上げとほぼ同じなので、
変動はさらに大きくなる。

だが、今は心理的な抵抗はない。

細かく言うと、お客様との"契約"のタイミングで、自分の仕事に対する賃金が決まる。
その時に、「その仕事を請けるか請けないか」という部分を自分で決めているため、
納得がいくのだと思う。

納得がいくというより、
自分の能力以外に文句をつける部分が見つからない
ってな感じかな?

変わりに、将来に対する不安はある。
自営業を始めたころは、本当にちょくちょく胃が痛くなってた。

ちなみにだが、一番多いときと、少ないときでは2.5倍くらいの差がある。
(ただしこれは、年度をまたいで仕事をした場合に、売り上げが入ってくる時期などの理由も含む)


大きな会社(と労働組合)というのは、
毎年変わる利益を平均化して、受け取るための装置になってる感じですかね?

ただ、この平均化する装置には、コストがかかる。

利益が上がった場合の法人税がまさにそうだし、
労働組合の組合費なんてものもそうだと思う。
(稼いだ金はみんなで分け合う会社であれば、
ボーナスで利益を調整して、法人税をほぼゼロにすることも可能)


会社勤めをとるか、自営業をとるかで、
「コストがかかるが、平均した賃金を受け取れる人生を選ぶか」
「変動する賃金に悩まされ、一生、胃が痛い人生を選ぶか」
の違いもあるな〜

なんて事を考えてた。

友人Tが言ってたように、業種によって、自営業ではできない商売も多いけどね。
(原発とか個人で作れないし)

新年会

といっても、連れと二人で飲みに行っただけ。

議論好きの私だが、そうなったのは、おそらくこの友人の影響
高校の部活、大学の学部と7年も一緒で、
よく、この友人の家で飲みながら、人生から下ネタまで
いろいろ議論したもんです。

そんなわけで、話がはずむ、はずむ。
気がついたら、5時間も1つの店で話し込んでた。
二人とも家族がいなければ、朝までどっかで飲んでたやろな〜
ってな感じでした。

ちなみに、この友人、労働組合の役員をやってて、
そのあたりの話をいろいろ聞けた。

面白かったのが、「残業」に対する感覚。
月100時間の残業をしている人間がいたとすると、
どんなに平気そうでも、それを止めなければならないらしい。

理由は「健康被害による死亡者」を出さないため
どうも、月60時間位が、死亡者が出た場合に、
会社が責められる基準になる時間らしい。
(時間は色々変わってて短くなってきてるみたいです)

個人的には、会社勤めしてたときに、月300時間ってのがあったので、
220時間(160+60)程度、まったく問題にならない気がする
(ちなみに、後で聞いたら、300時間働いてて死んでたら、
かなりの確率で会社はお縄になるとのこと)

ただ、耐えられる労働時間なんて、人それぞれが違って当たり前なので
「その人間毎に判断をしないのか」なんて事を聞いたのだが、
「そんなもん判断のしようがない」との事

まあ、そらそうか、大丈夫と思って働かせていて、死亡した後に
「本人は大丈夫って言ってました」なんて会社が言おうものなら
叩かれまくるでしょうしね

で、結局、その労働時間なら「誰も死なない」と思う時間に
合わせないといけなくなるらしい。

なんか、会社の労働効率が落ちそうな気もするけど、
まっとうな会社ってのは、そんなもんなんでしょうね


あと、「上部団体、ベア要求とか言ってるけど、どうよ?」
ってな事言ってるのが、面白かった。
その友人はベアを要求できる状況で無いことはわかってるが、
上部団体の方針に足並みを揃えるかどうかを悩んでいた。

労働組合って、自分のイメージとしては、
会議室で会社役員と向かい合わせに座って、
「金よこせ、金よこせ」って言ってるイメージで、
あまりいい印象を持ってなかったんだけど、
実際に、そこにいる人間は、いろいろ悩んでんだな〜
なんてのがわかったのが面白かった


ちなみに、この友人、
「女の子が産まれるまで、子供はつくる」
ってなことを言ってて、

4人目の男児が誕生予定との事
おめでとう!!!(笑)

<終了>スキャナ要らない?</終了>

1台スキャナが不要になったのですが、誰か要りませんか?

↓これです
スキャナ
詳細はこちら

食後の過ごし方

風呂上りに、子供を抱っこして、酒を飲みながら...






妻とコアリズム



全体的に色々間違っている気がするが、気にしないことにしよう




...結局、もう一回風呂に入った
...そして、腹ではなく、抱っこしてた腕が筋肉痛

VPN再検討&サーバー不調

会社と自宅との間をVPNでつないでいる。
ほぼすべてのデータが会社のサーバーにおいているので、それを取ったり、
プライベートのデータを、会社側に複製しておいて一括してバックアップを取ったり色々

以前にVPNの検討をしてPacketiX VPNの1年間のライセンスをして使っていた。
で、その更新時期が来たのだが、取引先との接続に別のソフトを利用しているので
それが使用できないかと色々試していたのだが、どうしてもうまくいかず...
作成者にHelpを求めたけど、返事もらえず

そんなわけで、あきらめて、PacketiX VPNの期限のないライセンス購入して、
試してたVPNのソフトで追加したアダプタを削除してたら、マシンが固まった...

仕方なしにマシンの電源切って再起動したら、
サーバーマシンのネットワーク関係が全滅...
WindowsXPの修復インストールかな...


この機会に、HDDの容量アップしておくかな〜
明日、九十九電気行ってくるか...

今日の献立

七草粥
スルメ
みかん
お茶


正月にごろごろしてる、おっさんのメニューですねw




息子の保育園のメニューですw
(しかも3時のおやつ)

いやいや、いつも本当にお世話になっております m(_ _)m

mixi 足あと削除

mixiの足あとの表示が変わったと思ったら、
自分が他の人につけた足あとが削除できるようになったみたい。

...要るのか?こんな機能???
そこまでして、内緒で相手の日記などを読みたいもんかな〜???

どうも、この機能ってFAQみてると、完全じゃないし、
足あとを相手に見られないようにするために、
誰かが、「特定ユーザーのログイン時間のパターンを探すツール」を作ったりしてw

で、その次は、誰かが、「自分のページの足あとを消した人を探すツール」とか作って、
そしたら、次はmixiが足あとを残さずに巡回する公式の方法作ったり???

うーん、いたちごっこですね〜
mixi内でも通常の人間関係と同様にややこしくなってるのかな〜???

あほらし

2009年 年賀状

新年、明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

↓年賀状
2009年 年賀状

過去の年賀状
2008年 年賀状
2007年 年賀状
2006年 年賀状
2005年 年賀状
2004年 年賀状

子供のおもちゃと親の見栄

正月に叔父の家に挨拶に行ってきた。

この叔父、いかにも最近のおじいちゃんってな感じ
叔父の息子(私の従兄弟)が近所に住んでるので、
ちょくちょく孫が家にくるので、ちょくちょくとおもちゃを買い与えているうちに、
押入れの1つをまるまるおもちゃが占領している
しかも割と高そうなおもちゃばっかり

これ、自分の親父だったら、「ちょっとな〜〜〜」なんて思う
あまりにも物を買い与え過ぎるのは、教育上よろしくないと思ってるので

で、挨拶に行った時は、残念ながらその叔父さんも従兄弟一家も留守で、
叔母さんにだけ挨拶してきました。

息子が遊ぶようにおもちゃを出してもらうと、息子が食いつきまくりで、
一心不乱に遊んでました。

ボールを転がすおもちゃで、ある点を通ると音楽が鳴ったり、
汽車の部分を押したら、ボールが飛んでったり、
リフトがあって、ボールを持ち上げたりって感じで、
色々ハイテク(?)

遊んでないけど、他にもプラレールが山のようにあったり、
女の子なのでドレスがあったりするらしい
ちなみにクリスマスプレゼントはバーバリーのジャケットだったとか


息子は、ボールの転がるおもちゃを気に入り、
遊びまくって、「ああ、色々遊べて良かったね〜」
と、自分の家に戻って、ふと目に入ったおもちゃがこれ↓
手作りおもちゃ

...うん、めっちゃ貧乏くさい

これ、保育園の0歳児クラスにあって、園児に大人気だったので、
マネして作ってみたもので、息子にも好評

プリングルスのふたと、ペットボトルのキャップが通るサイズに
穴を開けてて、ペットボトルのふた用の穴は2つあって、
1つはギリギリの幅になっており、差し込んだ後に、軽く叩かないと
入らない絶妙なサイズに調整してある。

作った時は、
「俺ってば、息子のおもちゃ自作しちゃったりして、メッチャいい父親って感じ」
とか思ってたんだけどね...


よくよく考えてみると、UFOキャッチャーで取ったものを除くと、
私が息子に"買ってあげた"おもちゃって

オーボール1つ
アンパンマンの乗用玩具
・絵本(童話館出版の配本コースの本、これはこだわりあり)
くらいしか思いつかない

それも息子の出生祝いや誕生日にもらったお金で買ってたりする
ちなみにクリスマスプレゼントも何もあげていない


うーーーん、正直、子供のおもちゃなんて買う気がしないのよね...
だって、おもちゃなんて買い与えても、すぐに飽きるし、
別にその辺にあるもので、勝手に遊んでるのよね〜

思いつくもので、息子が遊んでるものって、
キーボード、マウス、デジカメ(壊されて息子専用)、携帯電話(常にロック状態)、電話の子機、空き缶、空き瓶、長い棒、紙おむつ、財布、マグネット、冷蔵庫の製氷部分、調味料のビン、買い置きの食材などの在庫、ティッシュ箱、リモコン、ボールペン、掃除機、コロコロ(掃除用の粘着テープ)、カーテン、などなど

感覚的に、家に居る間、おもちゃで遊んでいる時間と、
おもちゃ以外のもので遊んでいる時間が半分づつってな感じ

新しいおもちゃが1つ増えても、どうせすぐ飽きるでしょ?
ってな感じがして、買う気が起こらず。


とは、思いつつも、人の家を見ると、うーーん、これでいいんだろうか?
と考えてしまう。

知能の発達とかには、知育玩具などを与えることで、プラスの影響はあると思うけど、
現状で、マイナスの影響があるとは思えない。
となると、なんとなく自分で嫌な感じがするのは、
自分自身の見栄なんでしょうね。


と思いつつ、お年玉もらったことだし、何も買ってやらずに、
「全額貯金しました」ってのも、お年玉をくれた人達に申し訳ないし、
なんか1つくらいは買ってやるかなと、ヨドバシカメラでおもちゃ買って来ました。
アンパンマンのころころ

割と気に入って遊んでます。
まあ、1週間もすれば、飽きるでしょうが

次は、こんなの作ってみようかと考え中

新年

あけましておめでとうございます


...年賀状作ってます
1/1