子育てプログラマーの日常

とあるプログラマーの日常をだらだらとつづってます。
家族構成 妻:アロマセラピスト 息子:2007年8月生まれ 娘:2011年12月生まれ

天一 超こってり

天一の本店かどっかで、天一のスープで鍋が食べれるところがあった気がする...

と検索してたら、「超こってり」なる裏メニューの存在を見つけてしまった。
どうも、創業当時の味を知ってる人が、それを再現するために作ったとか。

で、全国で3店舗ほどやってるらしいので、検索してみたら、
三国店(大阪)、寝屋川店(大阪)、水道橋店(東京)の3店らしい
(水道橋店ではもう食べれないとか)


天一のこってりをこよなく愛す私としては、食べとかんとあかんやろ
と言うわけで、今日の昼に寝屋川店へ行ってきました。

とりあえず、場所はここ

天一寝屋川店地図
↑駐車場もありました

超こってり
これが、超こってり
見た目では分かりにくいですが、いつも以上にどろどろです。


で、食べてみた感想ですが...

えーーーっと、鍋をやった後にラーメンを入れて、そのまま火をつけっぱなしにして、
めちゃくちゃ味が濃くなったどろどろのラーメンって感じですかね。
ほんとに超こってりで、3,4時間はお腹がもたれる感じです。

そんなわけで、中性脂肪を気にせず、いつも最後まで飲むスープも
↓今日は残してしまいました _(_ _)_
残しちゃった...

ちなみに、50円アップで伝票に「超」がつきます
伝票



結論:
天下一品の普通の店の"こってり"はちょうど良い"こってり"加減でした

相方のお店がTVで紹介されました

と言っても、ローカルの有線放送

↓動画はここで見れます
四季食彩
最後の1分くらいが相方のお店です。

宣伝でした〜〜〜

相方と胃カメラ初体験

お久しぶりの人間ドックです。
今回から相方と一緒。

私がいつも行ってる病院の人間ドックですが、
「1日コース」を選ぶと胃透視(バリウム)か胃カメラが選べます

今までは、胃カメラが嫌で、嫌々バリウム飲んでたのですが、
今回、相方に「どっちにする?」と軽く振ってみたら、
「胃カメラにする」との事。

え〜〜〜〜
絶対、胃カメラのしんどさをわかってない!!!

(俺も知らんけど)

相方いわく、バリウムを体に入れるのが嫌とのこと。
いや、理解できんでもないが、胃カメラよりマシでしょ...

と、思いつつ、胃カメラのほうが、診断が正確になるのはわかってるし、
まあ、話のネタに一度やってみるかってな感じで、
ビクビクしながら、私も胃カメラを選びました。


最近の胃カメラって、鼻から入れるやつもあって、
鼻からだとだいぶ楽らしいので、そっちだと良いな〜
なんて甘い期待を持ってた

で、今日、受付で聞いてみたら、案の定、口からのパターン

あ〜やだな〜と思いながら、順に検査を受けていると、
「はい、次、胃カメラですので○番の前でお待ちください」
思わず、ため息をつくと、
「初めてですか?頑張ってくださいね〜」
と慰められる。
「鼻からじゃないんですよね〜」
と再度確認したけど、口からとの事。

ああ、気が重いな〜
と思ってると、検査が終わって出てくるおばちゃん。
のどを押さえて気持ち悪そうにしてるところに目が合って、
「こればっかりは何回やってもなれませんわ〜」
「私、初めてなんですよ〜」
「...初めてやったら大丈夫ですよ〜」
と、沈黙

ねえ、何が大丈夫なの???
適当な慰め言ってるだけでしょ...


びくびくしながら待ってると、私の名前を呼ぶ、事務のお姉さん
「混み合ってますので、別の場所に移動をお願いできますか?」
と、人間ドックの場所ではなく、一般の病棟へ移される。

往生際悪く、移動中に「鼻からじゃないんですよね〜...」と話すと、
「そうですね、口からですけど、鼻から入れれるくらい細いカメラですよ」
と、慰めにならない言葉。
だったら、それを鼻から入れてくれ...


で、そうこうやってる間に検査の順番
検査の手順は↓こんな感じ
・胃の泡を消すための薬を飲む(50ccくらい)
・胃の動きを弱めるために肩に注射
・のどに麻酔のスプレー(10分ほど前)
・再度、のどに麻酔のスプレー
・全てをあきらめて、死体になる...


麻酔はしてるんですけど、感覚はあるんですよ!!!
のどは麻酔で感覚が微妙に麻痺してるんですけど、
カメラの管が、舌の根元に当たる...

カメラを奥に進めるたびに、舌の根元に当たる
 ↓
エヅク
 ↓
以下、繰り返し(T_T)

舌が管に当たらないように口を大きめに開け、横によけて、
意識をできるだけ別の事に集中させる

でも、カメラを動かす
 ↓
エヅク...
 ↓
以下(ry



バリウムもしんどいけど、胃カメラもやっぱりきつかったです...

バリウムに比べて良いのは、終わった後すっきりしてる事ですね。
バリウムだと、後に気持ちの悪いお腹の重さが残りますので。


やっと終わった〜っと元の場所に戻ると、
相方はまだ胃カメラの順番待ちでした。


もうね、自分は終わっちゃってて、これから相方が胃カメラを受けるというとね、
なんか人が罰ゲーム受けてるのを横で笑ってみているかのような
楽しさがあるわけですよ!!!


終わって、すっきりして、ちょっとハイテンションな私w
どんな感じだったかを、緊張気味の相方に話してると、
呼ばれて検査室に入っていく相方


なかなか出てこない相方、思ったより時間がかかっている。
「ははは、えづいて時間がかかっとるな〜」とのんびり待ってた。


で、相方が出てきた、一言目





「鼻からやった」





なんでじゃ〜〜〜ずるい〜〜〜ずるい〜〜〜


どうも、医者も鼻からやる練習中みたいな感じで、
最後の検査の人で練習しているみたいでした...


ずるい〜〜〜〜〜ずるい〜〜〜〜〜
ずるい〜〜〜〜〜ずるい〜〜〜〜〜
ずるい〜〜〜〜〜ずるい〜〜〜〜〜
ずるい〜〜〜〜〜ずるい〜〜〜〜〜

次から最後に行こうっと

摂津市まちづくり市民会議第1回

摂津市のホームページのRSSチェックしていて、
「まちづくり市民会議」ってのが気になった。

参加したら面白そうかな?
と、"どうでも良いやる気"が出てきてしまった。

「今後の10年の総合計画を作る」との事だけど、
最終成果が「市長への提言」ってのが気になる。

提言したけど、無視されたってな話になってしまうと、
面白くもなんともないので、ひでぽんさんに聞いてみたところ、
「市長の判断しだいだけど、まったく無視はできない」
との事。

そんなわけで応募してみたところ、あっさり通って、
今日が第1回の会合でした。

今日の内容は、
・総合計画について
・参加者の自己紹介

ってな感じでした。

で、それぞれの感想
・総合計画について
過去の総合計画が参考として紹介されたが、その成果が紹介されなかった。
一番大事なところが抜け落ちてた感じ。
今後を考える上で、今まで「どれがうまくいって、どれがうまくいかなかったか」が
わからんと次の考えようが無いと思うのだが...
打ち合わせ後に、現状までのまとまっていることを出して欲しいとの要望を出しておいたけど、
どうも出てこないっぽい感じの返答...
うーーーん、不満が残る

・参加者の自己紹介
自己紹介と思ってたら、みんなどんどん、自分の意見の主張になっていったw

参加者に対するイメージはこんな感じ
・60歳以上と思われる人間が半数以上
・市内の大学生一人を除くと、おそらく自分が最年少
・5分の3くらいの人間が、何らかの役職を持つ人
(幼稚園園長経験者、自治会会長、公民館館長など)
・60未満と思われる人は、何らかの組織(自治会など)で
役をしていると思われる人が多く、興味本位の人間は私くらい
・年齢の分布が選挙の投票率と似たような感じ
22人中20代と思われるのが学生一人だけ、30代も私ともう一人居るかどうか。


参加者のまちづくりへの主張で多かったのは、
「何か一つ、全国に誇れるものを!!!」ってな感じの意見

確かに摂津市って、高校の時に馬鹿にされてて、田舎ってなイメージが強い
(その時は大阪市民でバカにしてた側)
確かに、近所の人に説明する時以外は、
「摂津市」って言っても、場所を理解してもらえない。

適当に田舎ですごしたいと思ってる私にとっては、悪いことでもなんでもないのだが、
どうもみんなコンプレックスを持ってるみたいに感じた。

で、なんか必死になってる感じなんですよね。

摂津市の特色を出したいのは理解できるし、同意もできる。
ただ、「何か一つ、全国に誇れるもの」ってのは上を目指しすぎの気がする。
「何か一つ、全国に誇れるもの」があるなら、それにこしたことは無いけど、
無理して作るもんでもないだろ。

より良い街を目指し、街づくりをしていった上で、
「何か一つ、全国に誇れるもの」ができるなら、別にそれでいい。

ただ、最初からそれを求めると、どうも失敗しそうなのだが...


他に多かったのは、「歴史資料館が欲しい」ってな意見
即効で、「いらねーよ」って思ってしまった。
作るとしても、市役所の一室で十分でしょ。

それに興味のある人間がどれだけ居るんだろうか?


交通の便に関しては、意見が二つに分れた。
これは住んでる地域と、日常的な交通手段によって異なるみたい。

千里丘、岸辺、正雀の駅周辺に住む人間、
又は、鳥飼地域に住み、車で移動する人間にとっては、
別に交通の便は悪くないのだが、鳥飼地域で車を使わない人間が
交通の便に関する要望が多い

ってか、それでモノレール作ったはずだと思うんだけど、
みんな使ってねーんじゃねーの?
どうして欲しいのかよくわからん。


あと、なんか、これまとめてて思ったんだけど、
「歴史資料館」とかある主張を持ったグループが、
何人か、この会議に人を送り込んでそうな感じ。
「そういえば、そういうものがあってもいいかな〜」
なんて雰囲気を作り出して、自分らの主張を通そうとしている気がする。


会議の後で、学生さんと話してたときに、
新幹線の基地の上に陸橋渡して、見学できるスペース作って、
鉄オタ集めの街とかやれば特色だせるのにな〜なんて話してました。

「鉄オタの街、摂津」いかがでしょ?
(↑妻に嫌がられたw)

さて、第2回は最初から気合入れていかんと、
年配の人間の都合のいいように進められそうなんで、気をつけよ〜

ヒロQさんへ
Cafe Sheepで「新幹線ランチ」とか作ってみては?
このプレート使ってお子様ランチとか作ったら、
日曜日にフェンスにへばりついてる子供に人気がでるかもよw

子供を連れてった場所の地図

「お父さんは頑張ってるんだ〜!!!」
とアピールするために、子供を連れてった場所をGoogleMapにポイントしてみた

子供と遊びに行った場所

いざ、連れてった場所をポイントしてみると、
少ない気がせんでもない

これでもお父さんは頑張っているのだよ

↓ついで
妻との食べ歩き

↓もう1つついで
この地図、大阪周辺で子育てしてると、めちゃくちゃ参考になります
子供と遊ぼう

てんてんさん披露宴

土曜日の晩にマイミクさんの披露宴に行ってきました。
もともと、妻のお客さんなので、一家3人で

場所は、「キングコブラ(ライブハウス)

うん、なんだ、
とりあえず、ライブハウス自体数えるほどしか行った事が無いので、
そこでやる披露宴ってのが、どんな雰囲気なのかさっぱりわからんw

昔に勢いで買った皮パン引っ張り出してきて、
履いていこうとしたら、妻に止められたw

ってか、ウェストがパッツンパッツンで、
歩くごとに、皮がすれて、ギシギシなってたしw


↓そんなわけで、世にも珍しい髑髏を背負った黒い花嫁です
花嫁
(右側のチェックの方が新郎さん)


で、ライブハウスを借りて、普通の披露宴...という感じではなく、
ライブハウスを借りて、普通にライブでした(笑)

息子が暗いのと大音量で怖がったため、
申し訳ないのですが、途中で抜けてきました。

息子より小さい乳児が大音量のなか平然としてたので、
「すげ〜な〜、やっぱり英才教育してると違うのかな?」
なんて思ってたら、耳栓してました(笑)


歩きつかれたので、休憩がてら
ライブハウスデビューのついでに、居酒屋デビューもしてきましたw

飲み屋

wofstream VC2005

仕事メモ
Unicode化の際の注意事項
wofstreamで日本語を出力する場合の設定
std::wofstream ofs;
ofs.open(L"C:\\temp\\test.txt", std::ios_base::out | std::ios_base::trunc);
ofs << L"test\n";
ofs << L"テスト\n";

と書くと、"テスト"の文字列が出力されない

プログラム内部でワイド文字列で扱っているが、
出力の際にマルチバイト文字になおす際の方法が指定されていないためと思われる。

↓でこうすると日本語文字列は正しく出力されるのだが、
std::wofstream ofs;
ofs.imbue(std::locale("Japanese", LC_ALL));
ofs.open(L"C:\\temp\\test.txt", std::ios_base::out | std::ios_base::trunc);
ofs << L"test\n";
ofs << L"テスト\n";
ofs << 1000 << L"\n";

数値の出力に","が入ってしまう。
(↓出力)
test
テスト
1,000

で、結局、こうした
_wsetlocale(LC_ALL, L"Japanese");
std::wofstream ofs;
ofs.imbue(std::locale("Japanese", LC_COLLATE));
ofs.imbue(std::locale("Japanese", LC_CTYPE));
ofs.open(L"C:\\temp\\test.txt", std::ios_base::out | std::ios_base::trunc);
ofs << L"test\n";
ofs << L"テスト\n";
ofs << 1000 << L"\n";

ロケールのカテゴリを指定して、文字列だけに日本語を設定するように変更

miyanoさんのブログで、ofstreamを使うときには、localeの設定がないと、
日本語ファイル名のファイルを正しく開けないことが書いあったが、
ファイル名に渡す文字列がワイド文字列であれば問題なし。(当たり前か)

けど、wofstream::openって、マルチバイトの文字列の引数を持つものも用意されているので、
何かの間違いで、マルチバイトの文字列渡しちゃうと動かなくなるので
localeの設定はしておいた方が安全かな?

ついでですが、_wsetlocale(LC_ALL, L"Japanese");を設定しておくことで、
TRACEにワイド文字列渡しても動くようになります

新年度

と、言うことで息子のクラスが変わりました。
0歳児クラスから1歳児クラスへ移動

0歳児クラスの時は9人でしたが、1歳児クラスは15人
そんな訳で6人ほど新しいお友達が増える模様

昨日は入園式&進級式で、新入園児は式だけで帰っていたのですが、
今日から、一緒のクラスで過ごすようです。


ちなみに、昨日は、新しい教室&先生で少し疲れたのか、本格的な夜泣き
しばらく抱っこして泣き止まなかったため、車でマクドへドライブ

そんなわけで、寝坊
ちょっと遅れて保育園へ行くと、すでに新入園児が居たのですが、







阿鼻叫喚の地獄絵図






荷物などの置き場がわからず、オロオロしてる新入園時の親
環境が変わって、泣き叫ぶ園児
すでに親が行ってしまって、先生に抱っこされているが、まったく泣き止まない園児
それにつられて泣き出す、在園児
今年から保育士になって、何をやって良いかわからず立ち尽くす新米保育士
別のクラスの担当に変わったはずが、ヘルプに来て一番忙しそうにしている朝のパートの先生


うちの息子はというと、昨日一日で教室に慣れたのか、
私が息子の荷物を置いている間に、
勝手におもちゃ置き場から積み木を取り出してきて、
「我関せず」ってな感じで、遊んでいました。

たくましくなったな〜

さて、騙された人は何人居たのかな?

昨日の日記は、エイプリルフールのネタでした。

mixiに「参加コミュニティ一覧に嘘を表示するだけのコミュニティ(リンク先mixi内)」があって、
そのイベント(リンク先mixi内)に乗っかってみました。
ちなみに、現在、このコミュの名前は「落雷美容法」になってますw

けっして、ネタが思いつかなかったとか、そういうわけでは...


ところで、「毎日かあさん」のアニメはいまいちでした...
なんか、小奇麗な絵になってるのが嫌

ってか、間の「高須クリニック」のCMに西原さん出てるし(笑)

面白い文具(追記あり)

仕事中のメモもノートPCで取るようになって、
どんどん字を書かなくなり、よく使う文房具というと、
糊とバインダー用のパンチくらいです。(領収書整理用)

で、知らない間に文房具も進化しているようで、
色んなものが発売されているようです。

↓面白かったのはこちら
Undoが可能な原稿用紙

うーん、確かに面白い。
パソコンつかってて一番良く使う一般的なショートカットキーって、
「Ctrl+C(コピー)」、「Ctrl+V(貼り付け)」、「Ctrl+Z(Undo)」
ってな感じですよね。

そのうちの1つを文房具で実現したようです。
どっちかっていうと、コピペ機能を実現してくれた方が
実用性があるような...

って思ったら、8月ごろにはコピペ機能もつくみたいですね
どんな使い勝手になるのかが、ちょっと楽しみ

こちらの方のブログで、実際に使ってる手順がありますので、
そっちを見たら使い勝手がわかると思います。

追記:
通販サイト見つけました。
1/1