子育てプログラマーの日常

とあるプログラマーの日常をだらだらとつづってます。
家族構成 妻:アロマセラピスト 息子:2007年8月生まれ 娘:2011年12月生まれ

夜泣きラーメン

午前3時ごろに夜泣き...

ドライブのついでにラーメン屋に行ったら、
店員&客の視線が痛い...

ラーメンも半分近く息子に食われるわで散々でした...


「夜鳴きラーメン」って、こういうことじゃないよな?
と、ふと気になって調べてみたら、チャルメラ屋台のラーメン屋の事っぽいです。

GDirections

久しぶりにカーナビの続きでも作ろうかと思って、
色々と調べなおしてたら、GDirectionsが日本国内でも使用できるようになってた。


GeoPlatform API使用しなくてよくなった。
さあ、いい加減、形にしないとな。

出張修理 その2

妻が実家の仕事場で使ってるパソコンのネットが使えないとの事。

見に行った。

ネットワークの線が緩んでた。

以上

(参考:出張修理)

リコール5回目

洗濯機型番
以前に私が壊して責任払いで買った実家の洗濯機
5回目のリコールを起こし新品に交換してもらえるみたい。

AQUA(アクア)」シリーズの新製品と交換とか書いてるので、ちょっと楽しみ
オゾンで洗う機能の効果のほどを試してみたいです。

まあ、交換は来年の春くらいになるらしいですが...

一日保育士

ほとんど、自分用の記録のため、長文です

息子の保育園に「一日保育士」というシステムがある。
保護者の時間がある時に、保育に参加し、普段の子供の様子をみませんか〜
といったシステム

そんな訳で、昨日の9時から保育所に行ってきました。

朝は7時から受け入れが、多くの人は8時半〜9時ぐらいまでに登園
9時過ぎになるとだいたい全員がそろう

9時20分 朝のおやつ
牛乳と紫芋のせんべい、とりあえず牛乳ビン1本を5人に分けて与える

少ねっ!!!

足りない子には、もう1本を追加で与えていく
一人当たり40〜100ccくらいかな、1、2歳児なんで差がはげしい

ちなみにうちの子、夏場にジュースをやると、
平気でペットボトルの三分の二位は飲みます(230cc程度?)

ちなみに、この時、息子は私のひざの上
みんな椅子に座っているが、一人だけ甘えん坊モード

おやつに2,30分かかる
せんべい二枚に牛乳いっぱいで、何でこんなに時間がかかるんだか...

10時
おやつが終わった子から適当に遊んで居るので、
それをいったん片付けさせて、体操の音楽を流す。
音楽に合わせて、みんなが踊りだす。
(こういった、音楽CDとか貸してもらえるとよいな〜なんて思った)

踊ってる最中に、息子と別の子供が突き飛ばしあってるのを止める
子供同士のケンカなんて、放っときゃいいという考えだが、
一応親として、目の前でやりだされると止めざるを得ない
息子が案の定、泣き出す
ああ、やっちゃったな〜と言う感じ

10時10分
淀川の堤防まで散歩に出かける
普段、息子の抱っこ要求にはほとんど応えている私だが、今日はそういうわけにはいかない
抱っこして、他の子が抱っこと言い出すと収集が付かなくなるので、
今日だけは意地でも抱っこしない。

さっき息子が手を出すのをやめさせて、ややご機嫌斜めなところへ抱っこ要求拒否
大泣きが始まる...

息子と別の子の手をつかんで歩こうとするが、歩かず、手にぶら下がっている状態
堤防まで20分程度歩いている間、ずっと泣きっぱなし
見かねた担任の先生が、私とチェンジするが泣き止まず

帰りだす頃になって、やっと泣き止んだ
でも、帰りも、ちょくちょく止まってはいじけている

保育園に着いてから、少し抱っこしてやると落ち着いた模様

11時
子供が散歩で汗だくなので、シャワーで丸洗い
服を脱がせて、シャワーに並ばせる
シャワーを浴びた子から、タオルで拭いて、服を着せていく

こういうのをどこまで手伝うかが難しい
自分である程度やろうとする子も居るし、ほとんど自分でしない子も居る

シャワーの時もそうだし、散歩の時もそうなんだが、
集団行動の時に、真っ先にそれに従って先頭で行動する子と、
まったく気にせず、自分の好きに行動して、みんなに待ってもらってる子がいる。
息子がどっちなのかは、今日の様子からは判断できず


11時20分 昼食
シャワーが終わると、昼飯
みんな、こぼしまくりで食べてます。息子はわりと上手に食べてるほうでした。
これは小さい時から自分でやらせてた(というか手づかみで遊ばせてた)効果があるみたいです

食事のペースもバラバラでのんびり食べてる子も居れば、食べ終わって、
デザートのゼリーを食べて、さっさと遊びだす子も居ます。

片づけを手伝いながら、なかなか食べない子に付き添って手伝いをするも、
見慣れないおっさんに半分固まっている園児

保育士のヘルプを求めると、最後の一口を、デザートのゼリーにちょんちょんとつけ、
甘い味をつけてごまかして、食べさせてました。

12時 紙芝居
なんか手伝ってとの事で、お昼寝前に、保育士が園児を一箇所に固める。
部屋にある紙芝居から1つを選んで読んでみる。
うまく読めたのかどうかよくわからん。
前もってわかってれば、何か準備してきたんだけどな〜

12時20分 お昼寝
私が紙芝居を読んでいる間に、先生達が布団を引いていて、
紙芝居が終わると、みんな自分の布団で遊びだす。
子供って布団好きですよね〜
ゴキブリほいほいに捕まったゴキブリのようです。

子供を寝かせつけ、やることがなくなったので、一日保育士は終了
夕方まで居るつもりでしたが、何となく「帰れオーラ」が保育士から出てたような気がしたので
さっさと引き上げて着ました。


一日(半日だけど)保育士をやった感想ですが、
「普段の息子の様子を見に行った」はずなのですが、
私が居ることで、息子にとっては、"普段の環境"ではなくなり、
目的は達成できずでした
(粒子の位置と速度の両方を同時には計測できないってのに似てるな〜なんて思ったが、違うかw)

あと、全体を通して思ったのが、
「子供を好き勝手に遊ばせている時間」
というのが意外と少ない

保育士は常に何かをしてて、散歩に行ったり、手遊びをしたり、休んでいる時間がほとんどない
普段、私は送り迎えの時間の様子しか見ておらず、
子供が好き勝手に部屋のおもちゃで遊んでいる様子しか見ていないので、ちょっと意外だった

その他、園児に関しても保育士の指導方法に関しても、色々思うところがあった。
わりと有意義な一日でした。
1/1