子育てプログラマーの日常

とあるプログラマーの日常をだらだらとつづってます。
家族構成 妻:アロマセラピスト 息子:2007年8月生まれ 娘:2011年12月生まれ

プランターで芋ほり

2月か3月頃にそのへんに置いといたジャガイモが発芽してしまった。
で、ふと思いついて、プランターに植えたものが大きくなりました。
大きくなりました

すでに大きくなって、枯れかけてきてます
葉っぱ枯れ枯れ

そんな訳で、抜くのに邪魔になる葉っぱを切り落として、芋ほりほりほり
一緒に抜いてます

抜けました
抜けましたw

喜んでます
どうだ〜

ちなみに、わっさわっさ葉っぱ生えてましたが、芋はこれだけ...
これだけ 少なっ
日当たりが悪かったので、まあ、こんなものかな〜

そんな訳で、今日の朝ごはんに
洗ってます

じゃがバターになりました。
じゃがバター


朝っぱらから何をやってるのだかw

ふと思いついたビジネスモデル

ScanSnap使って思うんだけど、法律的にどこまで問題があるのかな〜
なんて事が気になった。

・本を古本屋に売る
  →現状で商売として成立しており間違いなくOK
・本のレンタル
  →今すでにやってるところあるよね
・裁断機で切断した本を売る
  →まあ、普通に本を売るのがOKなんで問題ないでしょう
・裁断機で切断した本を買う
  →売る方がOKなら、まあOKでしょうね
・裁断機で切断した本のレンタル
  →普通の本のレンタルがOKならOKかと
・パソコンにScanSnapを接続したものをネットカフェのような場所でレンタルする
  →普通に、インターネットカフェがあるので、まあ問題ないでしょうね


で、これらを組み合わせると、

裁断した本を販売
   ↓
本を買った人は、隣接したネットカフェでScanSnapを使って電子化する
   ↓
裁断した本を買い戻す
(もしくはレンタルとネカフェの組み合わせ?)

というようなビジネスが成立しないかな〜なんて思ったのですが、どうなんでしょうか?


ネットカフェにScanSnapがあるのが、著作権法30条の私的複製の1つ目の例外にあたりそうな気もする

まあ、どっちにしろ、出版社が電子書籍に関してボッタクリをやろうとしている間の一時期にしかできない商売ですね

はやぶさ

はやぶさ
ニコニコ動画のはやぶさが泣ける
(先にWikipediaとかで何か知らないと歌詞の意味がわかんないかも)

普段、「ダイヤモンドってちょっと珍しい"ただの"石だよね?」なんて言ってるくせに、"ただの"人工物に感情移入してしまう自分って何なんだろうか?
(ミクのイラストに感情移入してると思いたくない自分がいる)

6月13日に燃え尽きる予定

Wikipedia はやぶさ

iPad触ってきました

ヨドバシカメラ iPadあたり
最近発売されたiPadが気になって、ヨドバシカメラに行ってちょっと触ってきた。
平日の昼間ということもあり、ちょっと待ってればさほど時間がかからず触れました。

印象としては、ジョブズが「家電にする」と言ってるように、直感的に操作できる感じでした。適当に触ってて、ブラウジング、メール、写真の管理などの基本的な操作はできたので。(ちなみに私自身、操作方法とかはネットでiPadの動画を見たことがある程度で、iPhoneも触ったことありません)

で、これが欲しいかと問われると...やっぱり要らないな〜

個人的には、外に持っていくにはでかくて邪魔だし、家で使うには、キーボードも接続できないのは不便すぎる。寝転んでブラウジングするのに良いのかな〜とも思ったけど、手が疲れそうな感じ。

結局のところ、iPadで良いと思ったのって「一瞬で起動する」ということ。
じゃあ、ChromeOSでよいのでは?(まだ端末発売されてないけど)という感想で落ち着いてしまった。

ちなみにだが、iPhone、ANDROIDは触ってみていい感じだったので、スマートフォンに変えたい欲求が湧いてきた。ただ、AUのANDROID端末が...

トップ画像変更

ハラダさんに息子を撮ってもらったので、トップ画像を替えてみた
(いつもの画像が出てくる人はF5キーを押して見てください)
1/1