子育てプログラマーの日常

とあるプログラマーの日常をだらだらとつづってます。
家族構成 妻:アロマセラピスト 息子:2007年8月生まれ 娘:2011年12月生まれ

[memo]Objective-C、XCode、Mac等のメモ

XcodeによるObjective-C入門を読了

うん、物足りない。
XCodeとInterfaceBuilderがまったく初めてだったので、最初にちょっと触れる程度には良いんだが、
言語の詳しい部分の説明が無いので(セレクタの説明が無かった)、消化不良
(C言語の内容もあるため、半分くらい読み飛ばした)

先にネットで見てたページの方が、内容的には充実してたりする


以下、自分用のメモ

・Mac環境では初期状態でカレントディレクトリがコマンドの検索パスに含まれない
 カレントにある実行ファイルの実行には"./"が必用
・「#import」インクルードファイルの二重インクルードなどを防いでくれる
 #define、#ifdefなどに展開されてるのかな?
・「#import」でインクルードするファイルが自作のファイルの場合は<>ではなく""を使う
 意味があるかはよくわからない
・C++スタイルの一行コメントは使用可能
・文字列には@をつけるとNSStringのインスタンスになる。
 これで使用できるのは7bitASCII文字のみ、日本語はサポート外
  →と書いてたけど、試してみたらビルドが通り、実行もできた。
   環境により駄目な場合があるのかな?
・"\"とバックスラッシュが別の文字コードが割り当てられてるようなので注意
・NSLogのprintfの違い
 行頭に、日付、プログラム名が入る
 自動的に改行が入る
 %@でオブジェクトの内容を出力できる(descriptionメソッドが呼ばれる)
 JavaのtoStringと似たような使い方
 コーディングルール的に、descriptionは常にオーバーライドした方が良いのかな?
・直接入力などの切り替えはコマンド+スペース
・++、--は使用可能、前置、後置の場合の扱いはC++と同じ
・XCodeではint hoge = 0.5;としても値が切り捨てられる警告が出ないので注意
・デバッグでの引数設定は、プロジェクト左側のツリー内の
 「実行可能ファイル」のコンテキストメニュー「情報をみる」
 で表示される「引数」のタブで設定する


・Objective-Cじゃないけど、XCodeの設定で
 Effective C++に対する違反を警告として表示する機能があった

てきとう自動ドア(追記あり)


飼い犬が自分でドアを開けるせいで、エアコンが効かなくなるので、
ドアを勝手に閉まるようにしてみた。

仕組みはこんな感じ
自動ドア1
自動ドア2
自動ドア3

作成費 ワイヤーとフックつきのネジで\1,000位
おもりはスキャンした宇宙家族ノベヤマw

見た目が悪いけど、すでに犬に壁とか食い荒らされてるので気にしない。
(もう、すっかり悪さをすることもなくなりましたが)

ちょっとだけ、ドアを開けるのが重くなったのと、
ワイヤーの音がうるさいので、ローラーのようなもので改良できないか考え中



追記
大問題発覚!!!
犬が扉を開けれなくなりました。
意味ね〜〜〜

[memo]Windwos Vista以降の日本語フォルダ名

自分用のメモ

Objective-Cの入門書で勉強中です

Macの環境に慣れてないので、XCodeの解説なんかもあって、入りやすい。
(まだ、最初の方だけど)

Macのディレクトリ名のローカライズの仕組みが載ってたのだが、
ふと、Windowsの方が気になった。

どきどきドキュメント

desktop.iniで設定できるみたいですね。

年金ニュースで少し思う事

年金保険料:悪質滞納者から、今秋にも強制徴収 国税庁に委任

いや、なんだかな〜

これ自体は合理的だと思う。
歳入庁を作って、税金と年金保険料一緒に集めたほうが手っ取り早いよね。


で、思うんだけど
じゃあ、"税金"と"保険"の違いって何???

保険は「相互扶助」でどうのこうので「税金」とは目的が違う云々
と、いう話を聞くけど、すでに税金が年金に突っ込まれてるし、
さらに一緒に徴収するなら、その区別つける必要がよくわからん

結局のところ、社会保険や年金の負担分を税金に含めてしまうと、
「日本の税金は高くはないんだ」
と、言えなくなるので一緒にしないだけに思えてしまう。

政府にとって都合の良いのは一緒にするけど、
都合の悪いことは一緒にはしないんだろうな〜

あと、
督促状を送付するなど滞納処分に入っても納付計画を示さず、「誠実な意思」が認められない
なんて書いてますが、

現在の高齢者だけが得をして、若年者が損をするような年金システムを維持しようとするなんて
「誠実な意思」が認められないんですけどね〜


私が年金をもらえるようになるまでの間に、
戦争、ハイパーインフレ、クーデターかなんかで、
「リセットスイッチ」が押されてしまうような気がしてならない

自分が生きてる間にリセットスイッチが押されるのも、
押されないまま、下の世代に負担を残して死んでくのも嫌なんで、
リセットスイッチを押すなら、早いうちに政権が代わって、
年金システムのリセットスイッチをさっさと押してくれないかな〜
なんて期待してる。

まあ、無いでしょうけど

信用してください

車が、もうすぐ9年目の車検。
そろそろ乗り換えようか、乗り続けようかで悩み中。

で、ふと思い出した、車を買う時の話。

社会人になって、初めてのインセンティブがついたボーナス。
浮かれまくって、勢いで全額使って車を買った時の事。

賃貸の契約とかの時もそうなんですが、
「契約書」って一通り目を通すことにしています。

父母とも元銀行員で、「印鑑」を押す怖さに関して、小さいときから教えられていたので、自分としては当たり前の事なんですが、こういう人は少ないみたいで、言われるがままに判子を押す人が多いようです。


生まれて初めて100万以上の物を買うので、いつも以上に慎重に契約書を読もうとすると、
「こことここに、名前をお願いします」とせかす店員

大手のディーラーなんで、おかしなことはしないとは思うけど、
契約書は必ず目を通すようにしてる事を言うと、

「私を信用してください」との事。

いやね、この言葉を言うことで、さらに信用する気なくすよね。


「私は正直者です」ってな台詞と同じで、
嘘つきの場合は、嘘をつくので、結局、嘘つきも正直者も「私は嘘つきです」とは言わない

自分自身がまっとうな人間だと思ってる場合、「私を信用してください」なんていう必要もないので、この台詞を言う必要があるのは、信用ができない人間。


どこかの首相が似たようなこと言ってたな
1/1