子育てプログラマーの日常

とあるプログラマーの日常をだらだらとつづってます。
家族構成 妻:アロマセラピスト 息子:2007年8月生まれ 娘:2011年12月生まれ

頑張ったねシート

頑張ったねシート
高校時代の友人が家でやってると聞いて、真似してみたもの

子供が一人でトイレができたとき、何かの手伝いをしてくれた時などに、
褒めて1つスタンプを押す。
全部スタンプが埋まると、大きいトミカを1つという約束。

で、もうすぐシートがスタンプで埋まりそうな感じ
(7×9で63個 スタンプのサイズの都合)

息子のやる気を出させるためにやったのだが、
実際やってみて、もう1つ意外な効果があった。

「自分(親)が褒めるところを探そうとする」

子育てをしていると、どうしても"できない"事に目が行きがち
なんとなくでやってると、叱る方の事がどうしても多くなってしまう。

ほめるという事を意識できただけでも成功かな〜?
明日にでも埋まるので、おもちゃ買いに行ってやるか

最近の子育て風景 その4

最近、ちょっとブログが荒れてたので、
毒にも薬にもならない画像でも載せてみる

あべのん
クリスマスプレゼント
家そば
プラレール博覧会
凧揚げ
出初式
アドベンチャーワールド1
アドベンチャーワールド2
チョーク
歩道橋
ジャングルジム2
ジャングルジム1
釣り1
釣り2
温泉
温泉釣り

復興費用は子育て世代が払えってさ

友人が日記に書いてたのを見て、自分の周りの子育て世代に広めたくなりました。
そんなわけで、同じような日記書かせていただきます。
(ちなみに友人の元の日記はこんなに下品じゃないです)

子ども手当、10月以降廃止へ…復興財源を優先

うん、別に民主党嫌いだし、子ども手当をあてにはしてないし、
子ども手当廃止は、別にいいよ。



でもね、


扶養控除廃止したままなの?


民主党が子供手当ての財源のために、扶養控除なくして、子供手当て始めたのに、
子ども手当無くして、扶養控除廃止したままだと、
民主党が政権取る前と比べて、子育て世代は増税になってるんですが...

ついでに言うと、3月末に子ども手当を半年だけ延長させたのってなんだったの?
震災があったの3月11日だし、3月末から4月13日までの間に、
選挙以外に何があったんですかね?
(まあ、これに関しては自民党も、一時金として似たような事やってたな)


復興に金がかかるのもわかるし、
それが税金から賄われるのもわかる。
でも、なんでそれを子育て世代から取るの?

実行する予定だった政策ができないのも仕方ない。
でも、「子育て世代を支援する」って方針と真逆の事をやるか?

震災で社会不安が煽られて、来年には出産率アップするだろうし、
子供が生まれてくれさえすれば、その後は知ったこっちゃないって事なんですかね〜

復興支援税とやらがどうとか言ってますが、
それができても扶養控除は元には戻さねーだろうし、
どっちにしろ、子育て世代は多めに払えって事みたいですね。

やっぱり、若年層の投票率低いと好き勝手やられますね...

それでも原発推進派です

今現在、福島の原発周辺で避難を余儀なくされている方には、
本当に心からお見舞い申し上げます。

福島から遠く離れた安全な場所で、どうこうと書いているのは
当事者からすると腹のたつ話だろうと思いながらも思いますが、
それでも書いてみたくなりました。



当たり前の話ですが、


原発は危険です



ただ、火も危険ですし、刃物も危険です。
電気も危険ですし、自動車も危険です。
ちょっと意味は異なりますが、携帯もネットも危険です。


人間にとって、何らかの恩恵をもたらしてくれるものは、
使い方を間違えると、何らかの害をもたらします。

大きな利便性をもたらしてくれるものは、
使い方を誤ったときに、大きな災害になります。


原子力というのは、単に「大きなエネルギーを生み出す1つの技術」です。



次にですが、人は一度持ってしまった
便利で大きな力を持つ技術を捨てることができません。
捨てられる技術は陳腐化したものだけです。

「核の無い平和な世界を」なんて呑気な事を日本はやってますが、
世界中の国々が核爆弾を放棄することは考えられません。
本当にそんな世界が来たら、一部の科学者、技術者が暴走しただけで、
世界のパワーバランスが崩れます。

現在では「経済」という名の戦争を世界中でやってます。
この世界で原子力発電を放棄するのは、
銃器を放棄してナイフで戦車に向かっていくようなものです。
(ちょっと大げさ)


「じゃあ、あなたが原発のそばに住んだら?」
と言われたらどうするかと言われると、
わざわざ原発の横に引っ越しては行きたくはないです。

ただ、今住んでる場所の横に原発ができて、幾らかの補助が出るとなら、
金額によっては、まあいいかという感じです。

今回の住民への金銭的な保証などがどうなるかはわかりませんが、
避難勧告の範囲等を見てると、健康面の配慮はそれほどおかしくはないです。


ちなみによく、東京で作る電力を福島で作って、
福島県民は損ばかりしてるかのような話がありますが、
東京(というか関東全域)から福島に金は流れてるみたいです。
http://www.nuketext.org/yasui_koufukin.html
その金が住民に回ってるかどうかは知りません。
この金が住民に回ってこないのだとしたら、
住民が文句を言う相手は、県や市町村であるはずです。


今回、事故が起こって、原発は是か非かというような話があちこちで流れますが、
「より安全に原子力を使うにはどうしたら良いのだろう?」
という議論になってないんですよね...


・コンロで油を使うときにはコンロから離れない
・酒を飲んで車を運転しない
・包丁を人に渡す時には柄の方を相手に向ける

当たり前の事でほとんどの人が知っていることです。
使い方によって危険なものほど、安全に扱おうとします。


今回の事故の天災と人災の割合は、はっきりとはわかりませんが、
確実に人災であった部分があると思ってます。
逆に言えば、より安全にすることが可能でしょう。



話は変わりますが、「自衛隊」は日本の国から見ると、
強力な力を持つ1つのツールです。

で、やっぱり、自衛隊も危険です。
使い方を間違うと、戦争を起こします。


原発と違うのは、「危険」であることが、多くの人に認知されていた事ですかね?



皮肉なもんで「原発は危険です」という一言が言えない雰囲気自体が、
原発の危険度を上げてます。

今後、新しい原発は建設ができないと思われます。
それは逆に古い原発を使い続けることになります。

今回、想定外の津波が来た後につくる原発と、古い原発、
どちらが安全でしょうか?



私が望む理想の未来の姿は、原子力の膨大なエネルギーが、
電子レンジのような手軽さで、より安全に利用出来るような環境であって、
「自然とともに暮らそう」といったような不便な生活に戻ることではないです。
1/1