子育てプログラマーの日常

とあるプログラマーの日常をだらだらとつづってます。
家族構成 妻:アロマセラピスト 息子:2007年8月生まれ 娘:2011年12月生まれ

コーラで歯が溶ける?

というのを息子が保育園で聞いてきたので実験しました。

用意したのは、私が20歳頃に抜いた親知らず
将来、自分の歯から人工の歯を作れるようになるかもと、安易な思いで保存してました。
あと、クローンとか作れたら面白かな〜とか

iPS細胞とか色々技術が発達して「これ置いといても無駄じゃね?」
という気がしていたので、使い道があったのでちょうど良かった。

さて、こちらがコーラにつける前の歯
before
上から見ると、少し虫歯があるので、綺麗な方面から撮影

で、10日間漬け込んだ歯がこちら
after

具体的に重さを量ったわけじゃないので、正確ではないのですが、
目視でわかるレベルでは溶けていません。

前後で重さを量ることも考えましたが、10年以上かけて乾燥させたのと
同じ程度の乾燥状態にするのに時間がかかるので、やめました。


ちなみに、毎日1本コーラを飲むとして口の中にとどまる時間が30秒程度とします。
80年間、毎日1本コーラを飲むとすると

  30秒×365日×80年=876000秒≒10日

という感じです。


色が染まるのは何も考えてなかったのですが、80年間毎日コーラを飲んでたら、
歯が黒くなるかも知れませんね。


と、やってみましたが、実験として大雑把なもので、
「この結果が絶対的に正しい!コーラで歯は溶けないんだ!!!」
なんて言うつもりはさらさらありません。

口の中にとどまる時間を30秒としましたが、これはコーラを飲むのに要する時間で、
その後に歯を磨かないで、口の中に残っている時間が長くなれば、歯への影響は大きくなります。

炭"酸"ですので、歯を溶かすのも確かだと思ってます。
ただ、直接的に歯を溶かすのではなく、歯を多少弱くする程度で、
実際には虫歯の菌を培養してしまうかどうかの方がよっぽど影響は大きいと思います。
なので、口をゆすぐ、歯を磨くなどの"当たり前の事"をやることのほうが、
歯を守るのに大事でしょうね。

Wikipediaの酸蝕症のページを見ると、清涼飲料水や果汁であっても同様の影響があるようで、
コーラ"だけ"が悪いわけではありませんね。


ちなみに、コーラを含む"甘いもの"って何かと批判されるのですが、
脳を働かせるためのエネルギーにもなるみたいですね。
なので、特に子供には糖分が必要との事。
(by かっちゃん in 毎日かあさん)



何でこんな実験をやったかと言うと幾つか目的があるのですが、

・単に私がやってみたかったから
・息子に「自分で調べてみる」という事を教えたかった
・1つのものを悪者に仕立て上げて、他のリスクを考えなくなることを防ぐため
・息子がすぐに大人の話を信用しないようにするため

という感じです。


「素直な子供に育って欲しい」って親の都合だよな〜
人の事を適度に疑う人間の方が、世の中渡っていくのに重要だよな〜
なんて、思ってるんですが、どうなのかな?

私ほどには、ひねくれて欲しくは無いですが
1/1