子育てプログラマーの日常

とあるプログラマーの日常をだらだらとつづってます。
家族構成 妻:アロマセラピスト 息子:2007年8月生まれ 娘:2011年12月生まれ

飼い犬 手術

実家の犬だが、以前からションベンを漏らすことが多かった。
実家を仕事場にしているので、そのつど叱る、できたら褒める、
時間を決めてトイレでしっこさせるなどやっていたのだが、
親父が適当なしつけをする、実家に来ない日はその辺に漏らしまくるなどで
なかなかうまく行かなかった。

何かもうちょいうまくやる方法無いかな〜〜〜と思っていた矢先に、親父の体調不良。
それに合わせるかのように、犬も体調不良で4日間、食事を取らなかった。

動物病院へ連れていき、レントゲン、血液検査をしてわかったのが
・膀胱に巨大な結石
・肝機能に問題があり血液の状態がおかしい

ひとまず結石は命に関わるものではなさそう。
結石自体は手術で取ることは可能だが、手術しようにも肝機能に問題があると
麻酔等ができないので、まずはその対応が必要という状態だった。

そんなわけで、まずは1ヶ月近く投薬治療。
肝機能に問題がなくなった事を確認して手術してきました。

子供の握りこぶしぐらいの結石が取れたが、
おもらしが治るかどうかはよくわからんとのこと。
ただ、入院中の様子では散歩までションベンを我慢していたっぽいので、
少なくともマシにはなるのではないかとの話でした。



で、今回の血液検査、投薬治療、入院、手術にかかった費用、





20万円強


そんなつもりはサラサラ無いけど、
「別の犬、買えるやん!」とか思ってしまった。
(そもそも、貰ってきた雑種なので購入費用はかかっていませんが)

ちなみに、今年で13歳になる。人間でいうと68歳
正直なところ、次に同程度の治療費がかかる病気にかかった場合、治療するかどうか微妙。
(今回のも結石は直接的に命に関わるものでも無いため、おもらしに付き合っていくという選択肢もあった)


犬の命の値段を決めなくて良いことを願います。
1/1