子育てプログラマーの日常

とあるプログラマーの日常をだらだらとつづってます。
家族構成 妻:アロマセラピスト 息子:2007年8月生まれ 娘:2011年12月生まれ

算数新聞(息子の夏休みの宿題)

SQ_NSwitchDS_Fortnite.jpg
息子の夏休みの宿題で「算数新聞」というのがあった。何でも良いので自分に興味のある算数や数学、もしくは何らかの数字に関することを何でも良いので調べてこいというもの。

こういうのは本人の興味のあることで無いとやる気がでないのがわかってるので、最近息子がハマっているFortniteを含むバトルロイヤル系ゲームの人気度合いを調べさせた。(というか調査の大部分を私がやって、最終的な新聞の形にする部分だけを息子がやったという状態)

プレイ人口を調べようと思ったけど、プラットフォームが異なる上に、同時接続ユーザー数などの数字は公開されていないので断念。結局、twitch(ゲーム実況動画をアップできるYoutubeのようなサイト、ゲーム毎にまとめられている)の統計を見れば良いんじゃないかという判断で、息子の話によく出てくる、Fortnite、PUBG(PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS)荒野行動(Knives Out)の総視聴時間、ピーク視聴者数を調べてみた。

twitch 統計サイト

世界的にはFortniteの方が流行ってるみたいだけど、日本ではPUBGの方が人気の模様。荒野行動は完全にお通夜状態。(上記ページの言語を変えて調査)

息子の周りではSwitch版のFortniteの無料配布で大流行中みたいだけど、自分の周りと日本全体での状況が異なることがわかったのが面白かった。

個人的には(小学5年生にしては)なかなか興味深い新聞に仕上がったけど、題材がTVゲームということで、素直に褒めれないであろう先生の反応を楽しみにしていたりする。

低温調理器で分厚いステーキ

息子の誕生日に何を食べたいか聞いたら「分厚いステーキが食べたい」とのこと

そんなわけで前から気になっていた、コストコの「USAビーフトップブレードステーキ」を購入。以前に自作した低温調理器を使ってみた

IMG_0054.JPG
肉はジップロックに入れて、できるだけ空気を入れないように密封
(袋の口を上に、水に沈めるとうまく空気が抜ける)

IMG_0056.JPG
ヒーターだけだとなかなか温度が上がらないので、目標温度近くまではポットのお湯で温度を上げる。
(今回の温度設定は58℃)

IMG_0055.JPG
肉を投入

IMG_0058.JPG
蓋をして暫し待つ
(肉の分厚さにもよるが、今回の2.5cmくらいだと1時間15分位でOK)

IMG_0060.JPG
加熱後の状態はこんな感じ

IMG_0061.JPG
牛脂がなかったので、代わりにバターを入れる。
表面を焼きたいだけなので、鉄板はバターを入れたときに煙が出るくらいに熱しておく

IMG_0062.JPG
肉を投入して

IMG_0063.JPG
裏返して焼き目をつける
(分厚いので側面も焼いてます)

IMG_1628.JPG
出来上がり。子供が食べるので、全部カット

塩コショウ、ローストビーフのタレ、焼き肉のタレ、わさび醤油と色々試してみましたが、個人的にはわさび醤油が一番美味しかった。(子供らはローストビーフのタレが気に入ってた) 赤身の肉なんでそれなりの量を食べれますので、ガッツリ肉を食べたいときにはおすすめです。

男子には添え物など不要。肉だけ食えれば満足。


ちなみに低温調理器の材料は以下の通り
サーモスタットヒーターポンプ
後は、延長ケーブルと、入れ物。

入れ物は、断熱効果の高そうなのが良いかと思って、家にあった発泡スチロールを使ったけど、鍋でもなんでも良いはずです。

作り方は確か以下のサイトを参考にした気がする
低温調理器を自作 02
1/1